• トップ
  • ニュース一覧
  • 「本当に痛かった」青森山田戦で近江を象徴する同点弾に絡むも、キャプテンの金山が悔やんだのは…【選手権】

「本当に痛かった」青森山田戦で近江を象徴する同点弾に絡むも、キャプテンの金山が悔やんだのは…【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年01月09日

「あの1本でやられてしまった」

青森山田戦の前半はCB、後半はウイングバックを務めた金山。写真:滝川敏之

画像を見る

[高校選手権 決勝]青森山田(青森) 3-1 近江(滋賀)/1月8日/国立

 青森山田と戦った決勝、近江のハイライトはなんといっても同点弾だ。後半2分、浅井のドリブル突破で敵陣に攻め込むと、そこから金山がクロス。これを途中出場の山本が流し込む一撃は、今大会の近江を象徴するゴールでもあった。

 本来ならここから勢いに乗りたい近江。しかし、実際の展開は逆で、青森山田の波に呑み込まれていくような形になった。試合後、囲み取材に応じたキャプテンの金山は1-1になった後のゲーム展開について悔やんでいるように見えた。

「ここから本当に波に乗って逆転できると皆も思っていて、良い声がけもできていたはずですが、あの1本でやられてしまった」

 あの1本とは、後半15分の2失点目だ。相手GKから福島のヘッド、川原のダイレクトパスで繋いだボールを最後は米谷に決められたゴールである。

「こちらが勢いに乗らなきゃいけないタイミングで、ああいう形で失点したのは本当に痛かった」
 
 そこからどうにか立て直そうとした金山も、「相手のコートでプレーしたかったのですが、青森山田さんの強度に負けました」とコメント。最後まで強度も運動量も落ちない青森山田のプレーに「お手上げだった」と金山は言うものの、それでも準優勝は立派な成績である。

 近江のテクニカルなサッカーに憧れ、真似をするサッカー少年たちもいるはずだ。その意味で、近江が今大会で残した足跡は偉大だろう。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【厳選ショット】後半に圧巻の勝負強さを発揮!3ゴールを奪い、2年ぶり4度目の優勝!|選手権決勝 青森山田3-1近江

青森山田の正木昌宣監督、感謝と歓喜の涙。就任1年目に2大会ぶり4度目の日本一「凄いとしか言いようがない選手たちに囲まれて、感謝しかありません」【選手権】

「これってゴール?」青森山田の“ロングスロー弾”に反響「判定は理解できる範囲」「キーパーの安全が保証されるべき」
【関連記事】
「近江のサッカー好きだなぁ」「楽しかった」無念の準優勝も、魅力的なスタイルに称賛の声!元日本代表FWも感嘆「見ている人をワクワクさせる」【選手権】
優秀選手34人が決定!王座奪還の青森山田から得点王の米谷壮史ら最多7人!惜しくも準優勝の近江から5人【選手権】
「いい試合やった」「最高に楽しかった」“元野洲”乾貴士が選手権ファイナルに感動「近江の皆さんお疲れさまでした!!」
「かっこいいチームになった」近江の前田高孝監督、選手たちに労い。青森山田の強さにも言及「ロングスローだけではない」「あまり注目されてないですけど…」【選手権】
大人顔負けのサッカーで近江を下して栄冠。青森山田はこの先もしばらく高校サッカー界のドンであり続けるだろう【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ