• トップ
  • ニュース一覧
  • 【森保Jアジア杯メンバー26人の序列】三笘、久保、伊東が並ぶ“魅惑の2列目”がついに実現へ。1トップは上田が軸

【森保Jアジア杯メンバー26人の序列】三笘、久保、伊東が並ぶ“魅惑の2列目”がついに実現へ。1トップは上田が軸

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月02日

CBを5人もセレクトしたのは?

アジアカップのメンバー26人の序列。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表は元日に開催された「TOYO TIRES CUP2024」でタイ代表と対戦。後半に5ゴ―ルを叩き込んで、5ー0で大勝を収めた。

 試合終了から約2時間半後、12日にカタールで開幕するアジアカップのメンバー26人が発表された。

 左足首の負傷で招集が心配されていた三笘薫(ブライトン)や故障明けの旗手怜央(セルティック)が選出された一方、田中碧(デュッセルドルフ)、鎌田大地(ラツィオ)、古橋亨梧(セルティック)らは落選した。

 では、選ばれた26人の現状での序列はどうなっているのか。4-2-3-1のフォーメーションで考えてみたい。

 GKは昨年11月のシリアとのワールドカップ予選で先発した鈴木彩艶(シント=トロイデン)が正守護神だ。途中出場でデビューを飾った11月に続いて12月も選出された前川黛也(ヴィッセル神戸)がニ番手で、12月が初招集となった野澤大志ブランドン(FC東京)が続く。

 右SBは第二次森保ジャパンで主力となっている菅原由勢(AZ)がレギュラーだが、毎熊晟矢(セレッソ大阪)の評価もうなぎ上りで、ローテーションが可能だ。

【PHOTO】日本代表のタイ戦出場17選手&監督の採点・寸評。5発快勝も7点台は2人のみ。MOMは先制ゴールのMF
 CBは、冨安健洋(アーセナル)と板倉滉(ボルシアMG)が万全なら鉄壁のコンビとなる。ただ、両者ともコンディションにやや不安を残す。谷口彰悟(アル・ラーヤン)、町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワース)、そして渡辺剛(ヘント)とCBを5人もセレクトしたのは、そのあたりを考えてのことだろうと推測できる。

 左SBの伊藤洋輝(シュツットガルト)と中山雄太(ハダースフィールド)は現状では、ほとんど差がない。この2人は、順繰りにスターターを務めるのではないだろうか。また、有事には町田がプレーする可能性もある。

 ダブルボランチは遠藤航(リバプール)と守田英正(スポルティング)が鉄板で、佐野海舟(鹿島アントラーズ)がバックアッパー。ユーティリティな旗手は便宜上この位置に置いたが、4-1-4-1のインサイドハーフでの起用が多くなるだろう。

 2列目はタレントが豊富だ。右サイドはコンスタントに結果を残す伊東純也(スタッド・ドゥ・ランス)が一番手。だが、10番を背負う堂安律(フライブルク)ももちろん実力者で、交代やターンオーバーをしながら大会を進めていくだろう。
 
【関連記事】
「驚きの決定」「モリヤス監督の意外な選択」鎌田大地のアジア杯メンバー落選にイタリア騒然!「予想していた人はほとんどいなかった」
「本当に驚いている」故障中の三笘薫、アジアカップ招集にブライトン指揮官が困惑「彼がプレーできると考えるのは難しい」
「日本は100%本気だ!」森保ジャパンの“アジア杯メンバー26名”に韓国メディアが過敏反応!「クリンスマンとは考え方がまるで違う」
【日本5-0タイ|採点&寸評】前半は苦戦も交代選手が流れを変えて5発快勝!2人が7点台、MOMは先制点のMFを選出
「やはり欧州組は凄まじい!」後半5発でタイを圧倒した森保ジャパンに韓国メディアが最大警戒!「彼らは韓国とともに優勝候補だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ