「今日は南野の日じゃない」と思った直後にゴール。元日弾を決めた心境は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年01月01日

「ホッとしているというよりは」

GKとの1対1はモノにできなかったが、最後にゴールを決めた南野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2024年1月1日、日本代表が国立競技場でのタイ戦で5-0と圧勝。ラストの5点目を決めたのは、途中出場の南野拓実だった。

 実は、そのゴールの前に南野は3回も決定機を外している。70分に堂安のスルーパスから反転してシュートに持ち込んだシーン、72分にゴール正面から放った一撃、終盤にGKと1対1になった場面。とりわけ、GKとの1対1をモノにできなかった時は「今日は南野の日じゃない」とそう思っていたが、その直後、最後の最後に待望のゴールを奪った。

 試合後、本人も安堵の表情を浮かべて「良かったです。あそこで1点を取れて」と話している。

「ホッとしているというよりは、『よっしゃ』というか。新年を良い形でスタートさせるためにゴールを決めたいと思っていたので」
 
 決定機逸を重ねた時の心境について、南野は「焦りはなかった」という。

「焦りはなかったから、(ゴールが決まって)ホッとしたわけじゃないですよ。これで新年を良い形でスタートできる」という意味での「よっしゃ」だ。

 元日弾を決めた南野は、この勢いに乗って今年も代表とクラブでゴールを量産してほしい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

久保建英の去就についてソシエダ会長に直撃!マンUやサウジからの関心は事実? マドリー復帰は?「我々の選手の目を逸らすクラブが現れないのを望む」【現地発】

「敵だけ見とけ」内田篤人コーチの指導に日本代表DFが感服「脱帽しました」
【関連記事】
【日本5-0タイ|採点&寸評】前半は苦戦も交代選手が流れを変えて5発快勝!2人が7点台、MOMは先制点のMFを選出
タイ戦の伊藤涼太郎に及第点は与えられない。日本代表に定着したければ中村敬斗のように…
「こんなに差があるんだな」0-5で大敗、タイ代表の石井監督が森保Jとの差を語る。特に気になった日本代表選手は…
「やはり欧州組は凄まじい!」後半5発でタイを圧倒した森保ジャパンに韓国メディアが最大警戒!「彼らは韓国とともに優勝候補だ」
「狂気の沙汰だ!」タイ戦快勝で“9連勝&39得点”の森保ジャパンに中国メディアが驚愕!「我々はひたすら学ぶしかない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ