【プレミア現地コラム】22歳の怪物CFに著しい進化の跡。新たなドログバになれるか!?

カテゴリ:連載・コラム

山中忍

2016年03月09日

「ポテンシャルのレベルで語る時期は過ぎた」。

チームは敗れたものの、ウェストハム戦では1ゴール・1アシストのパフォーマンスを披露。その活躍ぶりを『サンデー・タイムズ』紙は「圧倒的」とまで形容した。 (C)Getty Images

画像を見る

 今シーズンも「トップ4」に近付けずにいるエバートン(29節終了時点で12位)にあって、22歳の主砲ロメル・ルカクは「トップクラス」へと着実に近付いている。
 
 3月5日のウェストハム戦は、チームこそ2-3のスコアで敗れたものの、ルカク個人は1ゴール・1アシスト。『サンデー・タイムズ』紙はその活躍ぶりを「圧倒的」とまで形容した。
 
 エバートンのロベルト・マルティネス監督が、「ポテンシャルのレベルで語る時期は過ぎた」と言っていたのが今シーズン半ば。同じ時期の昨年12月には、『ガーディアン』紙が「完成形」と評してもいる。
 
 高評価の理由は、20代前半の若手とは思えないパフォーマンスの安定性にある。昨年12月7日のクリスタル・パレス戦(1-1)で挙げたゴールは、エバートンでの通算100試合目にして通算50得点目となる一撃だった。今シーズンのプレミアリーグでは、先発28試合で18ゴール。2試合に1点を超える得点率だ。
 
 得点パターンの多様化が、その安定性を支えている一因だろう。ウェストハム戦で決めた先制点は、スペースに走り込み、相手DFを力で抑えながら左足で決めたトレードマーク的なゴール。17歳でチェルシーに入団した当時は「唯一」とさえ言えたフィニッシュパターンだった。
 
 だが、現在のルカクは「左足でも右足でもネットを揺らしているし、ニアだろうとファーだろうとヘディングを決めている」と自ら語るように、多彩なバリエーションを誇る。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ