• トップ
  • ニュース一覧
  • 「神村やべぇな!」「高校生レベルの崩しじゃない」“14番”名和田我空の先制弾に脚光!「まだ2年なのか」【選手権】

「神村やべぇな!」「高校生レベルの崩しじゃない」“14番”名和田我空の先制弾に脚光!「まだ2年なのか」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年12月31日

「神村学園つえーな 名和田上手すぎ」

先制弾の名和田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 さっそくゴールをこじ開けた。

 第102回選手権の2回戦が12月31日に各地で開催。松本国際(長野)と相まみえた神村学園(鹿児島)は前半8分、先制点を奪う。

 スコアラーは、神村学園のエースナンバー「14番」を背負う2年生MF名和田我空。テンポの良いパスワークで右サイドから攻め込み、最後は西丸道人の折り返しに走り込んだ名和田が確実にフィニッシュした。
【動画】右サイドから崩し、最後は名和田!
『高校サッカー日テレ公式』の公式Xがゴールシーンを公開。SNS上では「神村やべぇな!」「神村上手すぎる」「まじで高校生レベルの崩しじゃない、完璧」「名和田まだ2年なのか」「神村学園つえーな 名和田上手すぎ」といった声があがっている。

 神村学園はその後、24分に有馬康汰が追加点を挙げ、2-0で試合を折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】全国高校サッカー選手権大会19代目応援マネージャーの藤﨑ゆみあさんも登場!全力の笑顔で入場行進!
 
【関連記事】
中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
部活動の課題と今後は? 本田圭佑が持論展開「無償労働で貢献していた教員たちにとっては良いことやけど...」
「活躍すればいいけど賭け」「賛否ある」内田篤人、高校卒業→Jを経由せずに海外挑戦の風潮に見解「宮市も言ってたけど...」
「これってゴール?」青森山田の“ロングスロー弾”に反響「判定は理解できる範囲」「キーパーの安全が保証されるべき」
「ずっと苦手意識を持っていた」神村学園MF名和田我空が抱く危機感。相手の懐に入れなければ――「この先、僕の成長はない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ