• トップ
  • ニュース一覧
  • 「懸命に守備をする場面ばかり」三笘薫の苦戦ぶりをブライトン番記者が指摘「7か月前の脅威は皆無」【現地発】

「懸命に守備をする場面ばかり」三笘薫の苦戦ぶりをブライトン番記者が指摘「7か月前の脅威は皆無」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年12月20日

明らかにフラストレーションも募っていた

アーセナル戦でフル出場した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

  ブライトンは敵地エミレーツスタジアムで、アーセナルに実力の差を見せつけられた。結果は0-2も、スコア以上に圧倒された内容だった。

 後半にガブリエウ・ジェズスとカイ・ハバーツがゴールを決めて、ガナーズ(アーセナルの愛称)が勝利。プレミアリーグの首位返り咲きに成功した。

 アーセナルのシュート数26本に対して、シーガルズ(ブライトンの愛称)はわずか6本のみ。後半途中までは堅固な守備でどうにか食らいついていたものの、最終的には北ロンドンの強豪クラブの軍門に下ったのである。

 この敗戦により、ロベルト・デ・ゼルビ監督率いるチームはリーグ9位となり、21日の木曜日にクリスタル・パレスとのダービーを迎えることになる。

 試合は序盤からアーセナルが優勢だった。高い位置から積極的にプレスを仕掛けて、ブライトンのプレーオプションを徹底的に潰していく。開始25秒後、DFルイス・ダンクのロングボールをカットして以降は、ガナーズが一方的に攻め立てることになる。

 同時にそれは、シーガルズの攻撃へ転じる回数が少なくなること、三笘薫の活躍の度合いを減少させることを意味した。デ・ゼルビ監督のブライトンと言えば、ボールを支配して、パスサッカーで後方からビルドアップするアタッキングフットボールで有名だ。しかしこの試合では、敵のゴールに背を向けて自陣でプレーする時間帯ばかりが長かった。

 開始から9分には、三笘が左サイドでボールを受け、対峙したベン・ホワイトに仕掛けたもののあっさりと止められてしまう。昨シーズンに3-0でブライトンがアーセナルを圧倒した際には、日本代表アタッカーがイングランド代表DFに脅威をもたらし続けた。しかし、あれから7か月後のこの試合では、その機会はほぼ皆無。敵陣で攻撃に参加するよりも、懸命にトラックバックしてブカヨ・サカを止めようとする場面ばかりが目立った。

 前半はG・ジェズス、マーティン・ウーデゴー、ガブリエウ・マルチネッリ、そしてサカがブライトンゴールに迫り続け、それをゴールキーパーのバート・フェルブルッヘンが必死に阻み続ける構図となった。

 中盤では、ビリー・ギルモアやパスカル・グロスがボールを受けるも瞬く間に敵に囲まれて、両サイドの三笘やシモン・アディングラ、もしくはCFのエバン・ファーガソンへボールを供給することができずに、ただただ時間が過ぎていった。43分には、三笘がサカを止めようとこのイングランド代表を身体を引っ張り、イエローカードが出される。明らかにフラストレーションも募っていた。

 それでも、防戦一方の中でも両チームスコアレスでハーフタイムを迎え、ブライトン陣営は一定の満足度を得ていたはずだ。一方で、前半を終えてボール支配率は42パーセントも、この時点でブライトンのシュートは0本。翻ってアーセナルは15本をブライトンゴールに浴びせていた。
【関連記事】
「惨敗です」「全然ダメ」三笘薫、完敗のアーセナル戦後に語った問題点。お膳立てをフイにした味方のミスには「いや、僕も決定機があったんで」【現地発】
「恐ろしい成長」三笘薫、“23年世界最高の選手100人”に英紙が選出!ジェズス、アラバ、ルカクらを上回る!「欧州で最も優れたドリブラーの一人だ」
「外す方が難しい」三笘薫の“完璧なお膳立て”をフイに!決定機逸のドイツ代表MFを元プレミア戦士がバッサリ!「どうしてミスをしたのか理解できない」
「ミトマは“我”をもっと出してもいい」3か月不発の三笘薫にブライトン番記者が指摘「考えすぎなのではないか」【現地発】
「エンドウが好きだ」マンU戦で存在感!遠藤航をOBの元ドイツ代表が称賛!「今はプレミアのペースに適応している」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ