【山形】大黒、移籍の決め手は石崎監督!「駒として使ってもらう価値のある監督」

カテゴリ:Jリーグ

頼野亜唯子

2016年03月04日

「石﨑さんのもとでプレーをしたいという思いが強く、移籍を決めた」

3月2日に新加入記者会見に臨んだ大黒。サポーターも集結したなか、新天地での決意を述べた。(C)2016 MONTEDIO YAMAGATA

画像を見る

 2月24日に京都から山形への期限付き移籍が発表された大黒将志が3月2日、NDソフトスタジアム山形(山形県天童市)で新加入記者会見を行なった。山形は1月から開幕戦翌日まで千葉県内でキャンプを張っており、41日ぶりにチームが山形での練習を再開したのは、この会見が行なわれた日となった。
 
 まず、山形の強化責任者である石井肇テクニカルダイレクター(TD)がこの時期の電撃移籍の経緯を説明。今季のチーム編成を終え開幕に向けた準備を進めるなかで、「大黒が移籍先を探しているという話を伝え聞いた」ところから、契約へと急展開したようだ。
 
 山形の昨季の降格は、J1で最下位の得点数(24得点)が大きな要因となった。「得点感覚に疑いの余地はない」と石﨑監督も認めるストライカーを獲得するチャンスに、一度編成を終えたクラブが迅速に動いたのもうなずける。
 
 そして大黒自身の口からも、今回の移籍が自らの意に沿ったものであったことが明かされた。
 
「石﨑さんのもとでプレーをしたいという思いが強く、(山形への)移籍を決めた。指導を受けるのは初めてだが、なんでも吸収したいし、石﨑さんの求めていることをしっかり感じてやっていく」
 
 これまで師事した岡田武史、西野朗両氏の名前を挙げ、次のように語って、指揮官に厚い信頼を寄せていることを隠さなかった。
「石﨑さんは(ふたりのような)日本を代表する監督に匹敵する実力を持たれた監督」
「駒として使ってもらう価値のある監督」
 
【関連記事】
【日本代表】武藤、柴崎らが代表復帰。3月7日からの国内合宿メンバー26人を発表
【山形】在籍したクラブは実に"11"。流浪のストライカー大黒将志が生き残れる理由
【J1新記録&ジンクス】“ゴン超え”は佐藤か、大久保か? 「デスYMCA」は今季も発動? 達成間近の記録と3大ジンクスを紹介!
【山形】必要なのはプレスがハマらなかった際の次善策。CFの林が示した“ヒント”とは?
【J2】期待の新外国人の現状と開幕スタメンの可能性は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ