• トップ
  • ニュース一覧
  • 「衝撃的だ」「怒り狂っている」パリSGを敗戦から救った97分のPK判定にニューカッスルOBの元英代表が激怒!「歴史的な勝利となるはずが、強盗に遭った」

「衝撃的だ」「怒り狂っている」パリSGを敗戦から救った97分のPK判定にニューカッスルOBの元英代表が激怒!「歴史的な勝利となるはずが、強盗に遭った」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月29日

「苦い錠剤を飲み込んだようだ」

土壇場でPKを決めるエムバペ。(C)Getty Images

画像を見る

 試合の結果を左右する判定に、不満の声が上がっている。

 現地11月28日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節で、ニューカッスルはパリ・サンジェルマンと敵地で対戦。1-1のドローに終わった。

 物議を醸しているのが、後半アディショナルタイムの判定だ。1ー0で迎えた90+5分、ウスマンヌ・デンベレのクロスに対応したDFティノ・リブラメントの胸に当たったボールが左腕に当たる。オンフィールドレビューを経てハンドとなり、このPKを90+7分にキリアン・エムバペに決められて1-1に追いつかれた。

 このジャッジに憤慨したのは、ニューカッスルOBの元イングランド代表MFジャーメイン・ジェナス氏だ。英公共放送『BBC』によれば、解説を務めた『TNT Sports』でこう述べている。
【動画】ハンドは妥当?ニューカッスルOBが激怒したPK判定
「衝撃的だ。主審はとても良い試合をしていたのに、崩れ落ちてしまった。ニューカッスルがあのようなパフォーマンスを見せた後、あのような瞬間にそれが起こるのは、正しいとは感じられない。苦い錠剤を飲み込んだようだ」

 ジェナス氏は「リブラメントは腕で何をするつもりだったと言うんだ? 背中に巻き付ければいのか?怒り狂っている。選手たちは全力を尽くし、歴史的な勝利となるはずだった。ニューカッスルが強盗に遭った」と怒りを隠せない。

 死のグループの行方を大きく左右するこのジャッジは尾を引きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
【関連記事】
「なんてクソなんだ」「愚か者」南野拓実にパスをして失点!パリSGドンナルンマの衝撃ミスに批判殺到「擁護してきたが、ひどすぎる」
「親父が自己破産して」「古びたアパートに」内田篤人、元日本代表DFの壮絶な過去に驚愕!「すげぇ。映画化だ」
「フィジカルも真の信念も欠如していた」1分け4敗でCL敗退のセルティックを伝説OBが非難!「5試合で勝点1は十分ではない」
「目に見えない存在だった」酷評続く鎌田大地は早くも退団か。ラツィオ指揮官が後釜にボローニャMFの獲得を希望と伊報道「カマダの将来は危うい」
「エムバペやハーランドの補強なしでもクボがいれば安心だ」マドリーの久保獲得は“次代の2大スター”よりも現実的か。現地メディアが見解「素晴らしい攻撃陣が完成」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ