• トップ
  • ニュース一覧
  • 「醜い日本サッカー。暗黙の了解だ」75分間シュートを打たず...なでしこJの“予想外の戦い方”を中国メディアが辛辣批判!「スポーツを完全に汚した」「我々が犠牲に」

「醜い日本サッカー。暗黙の了解だ」75分間シュートを打たず...なでしこJの“予想外の戦い方”を中国メディアが辛辣批判!「スポーツを完全に汚した」「我々が犠牲に」

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月30日

「日本が中国代表を排除しようとしている」

なでしこジャパンの戦いぶりに批判の声が上がった。(C)Getty Images

画像を見る

 なでしこジャパンは10月29日に開催されたパリ五輪アジア2次予選グループCの第2戦で、開催国のウズベキスタンと対戦。2-0で快勝を収めた。

 だが、その戦い方が物議を醸している。

 DF南萌華とFW千葉玲海菜のゴールで15分までに2点を奪った日本は、しかしその後はパス回しに終始。2位通過を狙って、失点を増やしたくない相手がボールを取りにこなかったため、ボールを繋ぐだけ繋いで、シュートを1本も打たなかった。

 2次予選はA~Cの各組1位と、2位で最高成績を収めたチームの計4か国が、「2枠の出場権」を争う最終予選に進むレギュレーションとなっている。

 そして、日本がC組の1位、ウズベキスタンが2位で通過すれば、日本は最終予選でB組の1位と激突することになり、A組の1位通過が有力な強豪オーストラリアとの対戦を回避できる。
【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー
 ウズベキスタンを2位通過させるには、これ以上得点をしないほうがいい。そんな思惑が働いたのではないかと怒りを露わにしたのが、そのウズベキスタンと2位を争う可能性がある中国(B組)のメディアだ。

 ポータルサイト『捜狐』は「醜い日本サッカー。女子サッカーの試合で暗黙の了解が発覚。日本が中国代表を排除しようとしている」と辛辣な見出しを打った記事を掲載。次のように主張した。

「パリ五輪の女子サッカー予選で、中国女子代表がタイを3-0で破り、グループ初勝利を収めた。出場権獲得の希望も残した。しかし、別の試合の結果で中国の努力が水の泡になるかもしれない。オリンピック予選ほどのレベルの大会で意図的なプレーをするチームが現われるとは誰も予想していなかった」

 同メディアは、日本がインドとの初戦で7-0と大勝した事実を伝えたうえで、「同じく格下のウズベキスタンを再び抹殺すると誰もが思っていた。まさか2-0での勝利とは誰も予想しておらず、この試合を観たファンは思わず怒鳴り散らすだろう。そのプレーはサッカーというスポーツを完全に汚すものだ」と糾弾している。
 
【関連記事】
「んーーーーー」なでしこJ、2-0から異例のパス回しのみでシュートゼロ。試合中の“元10番”岩渕真奈の投稿に反響!「居眠りしてしまった」 「気持ちはわかるけど先のことを考えたら...」の声
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「理解できない」「謎のボール回し」押し込む展開も75分間シュート0...なでしこJ、ウズベク戦の内容にファン嘆き節
「よくぞ言ってくれた!」川淵三郎氏の中国サッカーへの発言が現地で大反響!「日本人から指摘されて恥ずかしくないのか」
「日本より80年間先に行っていた。負けたのはこの30年だけだ」「同じようにやれる」中国サッカー協会新会長の発言にツッコミ殺到!「差が大きすぎる」「5000年先にいる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ