• トップ
  • ニュース一覧
  • 「涙ぐんでいた」7分で無念の負傷交代...旗手怜央の悲痛な姿に現地メディアも悲嘆「取り乱した様子だった」

「涙ぐんでいた」7分で無念の負傷交代...旗手怜央の悲痛な姿に現地メディアも悲嘆「取り乱した様子だった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月26日

「セルティックの喜びはしぼんでしまった」

開始早々に交代を余儀なくされた旗手。(C)Getty Images

画像を見る

 現地10月25日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節で、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、岩田智輝、小林友希の日本人5選手が所属するセルティックは、スペインの強豪アトレティコ・マドリーとホームで対戦。2-2で引き分けた。

 古橋、前田とともに先発した旗手にアクシデントが発生したのは古橋のゴールで開始4分に先制した直後だった。相手と競り合った後、右ハムストリングを痛めて座り込んだMFは、7分で無念の途中交代を余儀なくされたのだ。

 地元紙『Daily Record』は「アトレティコ・マドリー戦で夢のようなスタートを切った矢先、ハタテがハムストリングの負傷の疑いで退場となり、セルティックの喜びはしぼんでしまった。日本人MFは、チャンピオンズリーグの試合開始からわずか5分あまりでピッチから退場する際、取り乱した様子だった」と報道。こう続けている。

【画像】「涙ぐんでいた」顔を覆いながら交代し、ロジャーズ監督に抱きしめられる旗手
「彼を最も苦しませていたのは、筋肉の痛みではなく、フィールドを去ることの苦痛だったようだ」

 また、セルティックの専門メディア『The Celtic Way』も「セルティックの中心選手である旗手は、怪我で交代となると、明らかに感情的になっており、ピッチを去る際には涙ぐんでいた様子だった」と伝えている。

 今シーズンは怪我で一度離脱しているなか、CLという大舞台での早期交代で打ちひしがれていたのは想像に難くない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本人が信じられないプレー」強豪ベンフィカを翻弄した久保建英、ソシエダ地元紙が“9点”の最高評価で絶賛!「スタジアムは静まり返った」

「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
旗手怜央、CLアトレティコ戦の開始7分で負傷交代。セルティック指揮官が状態を語る「ハムストリングのようだったが…」
「トップレベルで本当に…」CLレベル!2戦連発の古橋亨梧を現地メディアが激賞!アシストの前田大然も「OBの指摘通り」と称賛
「正直、行くチームを間違えたな」旗手怜央がプロ入り後の“意外な挫折”を告白「レベルを知らずに...」
「バカバカしい金額」マンUが関心の久保建英、93億円の解除金は“安すぎる”とスペインメディアが主張!「信じられないレベルなのに...」
「カマダを起用できなかったのは残念だ」なぜ鎌田大地は完敗でも出番が与えられなかったのか。ラツィオ指揮官は“後悔の念”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ