• トップ
  • ニュース一覧
  • ここまでの変化も珍しい。昨年の完敗から完勝へ同じチュニジア戦で見えた日本の進化ぶり【編集長コラム】

ここまでの変化も珍しい。昨年の完敗から完勝へ同じチュニジア戦で見えた日本の進化ぶり【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2023年10月18日

昨年6月の雨中のゲームではチュニジアに0-3で敗戦

2-0でチュニジアに完勝した日本。好調ぶりを改めて感じさせた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本 2-0 チュニジア/10月17日/ノエビアスタジアム神戸

 単純比較はできない。

 それでもカタール・ワールドアップでの躍進を経て第二次森保ジャパンとして今年3月からスタートした日本代表は逞しい進化を見せている。

 昨年6月に大阪で0-3の完敗を喫していたチュニジアとのいわゆる再戦で、最終盤にシュートを1本打たれるのみと(その1本はポストに救われる形となったが)、日本は相手を押し込み続け、2-0の勝利で充実ぶりを示してみせたのだ。

 これで6月のエルサルバドル戦からドイツやトルコを欧州で破ったゲームを含めて5連勝。24得点・5失点の成績で、チュニジア戦では目指し続けたクリーンシートも達成した。

【動画】日本対チュニジアのハイライト!
 昨年6月の一戦から大きく変わったのは、ライン設定と攻撃面の質の向上だろう。

 雨中で3失点した昨年のゲームでは、前半のチャンスを生かし切れず、不安視された最終ラインの裏を突かれて失点を重ねた。そうした対応として、本番のワールドカップではある程度、割り切ってラインを深く設定し、奪ってからの素早いカウンターで活路を見い出したが、今の日本代表はよりモダンに進化している。

 冨安健洋という新たなCBの軸を据え、さらにカタール・ワールドカップでチームとして自信を付けたこともあるのだろう、ハイラインとコンパクトな守備陣形で相手を飲み込み、森保一監督が口にする「良い守備から良い攻撃」をより高いレベルで実践しているのだ。

 さらに枠内シュート0本だった昨年のチュニジア戦後には三笘薫の攻撃面への言及が大きく取り上げられたことも記憶に新しい。

「チームとしての組み立てをやっていかないと、(個々が勝手に仕掛けて)カウンターを受けるなど、毎試合こういう流れになってしまう。チームとしてどうやって攻めていくか、決まり事ではないですが、色んなものを持たないといけないと思います。個人でのコミュニケーションで、『立ち位置をこういう風にしてほしい』と言っていますが、チーム全員で共有できているかと言われればそうでない部分が多いですし、そこが必要かなと思います」

「狙いの細かさというか、そういう面はより必要だと感じますし、そこは色んな人たちで議論してやってく必要があると思います。僕自身も選手やスタッフの方と色んな話をしながら構築していきたいです」

 当時は“戦術・伊東”“戦術・三笘”と揶揄する声も聞かれたが、今は、相手を見て、自分たちを見ながらボールを展開し、選手を入れ替えても狙いを持った多彩な攻撃を披露している。

 ワールドカップ前に厳しい現実を突きつけられた完敗から、大きな可能性を示した完勝への変化。

 ここまで、なかなか如実に表われないコントラストが際立った一連のチュニジア戦を経て、日本が確かに前進していることが改めて分かるゲームとなった。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】チュニジア戦が行われるノエビアスタジアム神戸に集結した日本代表サポーターを特集!(場外編)

【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…

「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
【関連記事】
「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」
「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
「四大陸を制覇した!」チュニジア撃破で“6連勝”の日本代表を中国メディアが手放し称賛!「誰が出ても質が低下しない」
トルシエ監督率いるベトナム代表、大量6失点で韓国に惨敗。力の差を見せつけられる結果に
【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ