• トップ
  • ニュース一覧
  • 追加点をもたらした途中出場の“即席コンビ”。左SB町田浩樹が明かした伊東純也のゴールの裏側

追加点をもたらした途中出場の“即席コンビ”。左SB町田浩樹が明かした伊東純也のゴールの裏側

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2023年10月18日

無失点勝利にも貢献

左SBで途中出場した町田、追加点にも絡んだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本 2-0 チュニジア/10月17日/ノエビアスタジアム神戸

 ノエビアスタジアム神戸で行なわれた日本とチュニジアの一戦は、日本が前後半に1点ずつを奪い、2-0の勝利を飾った。

 43分に古橋亨梧のゴールで先制し、1-0で折り返した日本は後半もチャンスを作ったが、なかなか追加点を奪えず。そのなかで2点目をもたらしたのは、左サイドに“セット”で投入された町田浩樹と浅野拓磨のコンビだった。

 4日前のカナダ戦ではCBを務め、この日は左SBに投入された町田は「(左SBを)やるかは別として、練習では途中から入るなど準備していましたし、代表に選ばれてからクロス練習も左でやっていました」と振り返る。

 町田自身がまず意識したのは守備面だが、同時に左サイドハーフに入った浅野のスピードを生かす狙いも表現できていた。

 その姿勢が69分に実を結ぶ。
【動画】日本対チュニジアのハイライト!
 
 町田が浅野に縦パスを入れると浅野はヒールキックで前方の久保建英へ。久保は力強いドリブルで左サイドを突破すると、そのクロスを伊東純也が冷静に蹴り込んだ。

 町田は件のシーンをこう語る。

「少し内側でもらって、(浅野)拓磨くんがサイドに張って受けるところで、タケ(久保)が上手くボックス脇でポジションを取ってくれた」

 見事な連係と、森保一監督の交代策が的中したゴールであったが、途中出場の前に浅野とはどんな狙いを共有したのか。その質問にはこう答えてくれた。

「特にないです(笑)。本当に即席で、(浅野とは)話し合いながらやろうと確認しあっていました。お互いプレー中も見合って、目線も合っていましたし、拓磨くんが(外に)張ったら自分が内で受けるなどできていました。拓磨くんはスピードに特長のある選手なので、僕は後ろでサポートできればと考えていました」

 目指した無失点勝利も果たし、試合後には笑顔を見せた町田。左SBとしても良いアピールになったはずだ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】チュニジア戦が行われるノエビアスタジアム神戸に集結した日本代表サポーターを特集!(場外編)

【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…

「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
【関連記事】
「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」
「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
「四大陸を制覇した!」チュニジア撃破で“6連勝”の日本代表を中国メディアが手放し称賛!「誰が出ても質が低下しない」
トルシエ監督率いるベトナム代表、大量6失点で韓国に惨敗。力の差を見せつけられる結果に
【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ