【今夜決戦!ミラノ・ダービー展望】両者とも鍵を握るのはアタッカー陣の出来。本田と長友の日本人対決は実現するのか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月31日

ともに攻撃はアタッカー陣の個人能力に依存している。

ミラン対インテル戦の予想フォーメーション。

画像を見る

数年前と比べれば両チームのタレント力は著しく落ちているが、それでもミラノの盟主の座をかけた伝統ある一戦であることに変わりはない。白熱必至だ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地1月31日20時45分(日本時間2月1日4時45分)、セリエA22節でミラン対インテルのミラノ・ダービーがサン・シーロで開催される。1909年1月10日の初対戦を皮切りに公式戦通算215試合(インテルが77勝、ミランが74勝、引き分けが64試合)の歴史を誇る、世界を代表するダービーマッチだ。
 
 今シーズンのファーストラウンドとなった3節のダービーを0-1で落とし、その雪辱に燃えるホーム扱いのミランは、21節を終えて勝点33の6位。試合によって同じチームとは思えないほどパフォーマンスにバラつきがあり、今年に入って以降も公式戦通算で3勝2分け1敗となかなか波に乗り切れていない。
 
 ここにきて守備はまずまず安定しているだけに、ダービーでポイントになりそうなのが、攻撃陣だ。オフェンスは明確なメカニズムやコンセプトがなく、いわば個人能力頼りのため、選手個々の出来不出来に大きく左右される。崩しではボナベントゥーラ、フィニッシュはバッカのコンディションが大きな鍵を握っており、ダービーを見据えて直近のアレッサンドリア戦(コッパ・イタリア準決勝第1レグ)では両者を温存した。
 
 一方のインテルは、18節までに9つの「ウノゼロ(1-0)」の勝利を積み重ねて首位に立っていたが、以降の3試合は不用意な形で1失点ずつして2分け1敗と取りこぼし、21節を終えて4位まで後退(勝点41)。直近のユベントス戦(コッパ・イタリア準決勝第1レグ)でも0-3の大敗と、拠り所となってきた堅守にも陰りが見えてきた。
 
 ただ、より深刻な問題を抱えるのは攻撃陣。最後の30メートルはミランと同じくイカルディ、ヨベティッチ、リャイッチ、ペリシッチ(故障離脱中)らアタッカー陣の個人能力に委ねられているが、彼らの連携が一向に高まっていないのだ。ダービーでは、1月29日にサンプドリアから加入したエデルの即先発もありえそうで、それがオフェンスにどんな化学反応をもたらすのか。注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ