【移籍専門記者】PSGでの未来に確信が持てないカバーニ。チェルシーとユナイテッドは法外なオファーも辞さない構えだ!

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2016年01月28日

慰留にはチーム最高年俸を用意するしか手がないだろう。

2013年にPSGに渡って以来、メルカートが開くたびに欧州中のメガクラブのターゲットになっているカバーニ。本人もPSGには完全に満足していないだけに、今夏に移籍を決断しても不思議はない。(C)Getty Images

画像を見る

 エディンソン・カバーニはPSG(パリ・サンジェルマン)を去るのか?
 
 ナポリから移籍して最初のシーズンを終えた夏(14年)からこの問いが止むことがないのは、彼自身がPSGでの未来に確信を持てずにいるからに他ならない。
 
 とくに最近は、相変わらずゴールを決め続けているにもかかわらず、微笑みを浮かべる機会がめっきり少なくなってしまった。
 
 今夏にPSGがカバーニに残留を説得するためには、いまズラタン・イブラヒモビッチに支払っているのと同じチーム最高の年俸(1500万ユーロ=約21億円)を提示し、マネーパワーで繋ぎ止める以外にはないだろう。ちなみにイブラは、今夏に満了する契約を更新しないとすでに決めている。
 
 カバーニを狙っているチームは少なくない。ユベントスは常にその動向を追っているし、さらに強力な資金力を持ったメガクラブも黙ってはいない。とくに毎度お馴染みのチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドは、このストライカーを手に入れるためなら、法外なオファーも辞さないという構えだ。
 
 カバーニ自身にも、あらゆる可能性を排除せずに検討する用意がある。冬に動く可能性はゼロに近い。しかし、夏の争奪戦はかなり白熱するに違いないし、なにが起こっても不思議はない。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【2016年欧州冬のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かしてカルチョの世界に広いネットワークを築き、移籍マーケットの専門記者という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。セリエAから下部リーグまで各クラブの会長やスポーツディレクターはもちろん、代理人からスカウトまで膨大な関係者と緊密なネットワークを持ち、しかもしっかり裏が取れるまでは決して情報を出さない。発信するニュースはすべて彼自身のプライドがかかったガチネタであり、ハズレはほぼ皆無と言っても過言ではない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ