• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】サプライズがなく“固定メンバー”の森保ジャパン。ドイツ相手でも求めるのは内容ではなく結果だよ

【セルジオ越後】サプライズがなく“固定メンバー”の森保ジャパン。ドイツ相手でも求めるのは内容ではなく結果だよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月31日

次のW杯とドイツ戦が念頭のメンバーに見える

常連組が多い選考になった森保ジャパン。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月にヨーロッパでドイツ戦とトルコ戦に臨む日本代表のメンバーが発表された。

 初招集はセレッソの毎熊のみで、三笘、久保、遠藤ら多くの常連組が選出。一方、大迫、南野、旗手らは選ばれなかった。サプライズはなく、固定したメンバーといった印象だ。

 顔ぶれからは、2026年に開催される次のワールドカップに向けたチーム作りが感じられる。最年長が1991年生まれの谷口で、シュミット、遠藤、伊東以外は、みな20代だ。

 Jリーグで申し分ない活躍を見せている大迫勇也は、2026年に36歳になる。メンバー外になった吉田、長友、酒井宏樹らと同様、3年後の年齢が念頭にあると思われる。

 対戦相手への意識も感じられるね。去年のカタール・ワールドカップでドイツに2-1で勝ったメンバーが継続的に主体になっているように見える。南野、旗手、町野は、当時も主軸ではなかったから、選外でも不思議ではない。
【PHOTO】欧州遠征でドイツ・トルコと対戦!親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 気がかりなのは、国内組の少なさだ。Jリーガーで選ばれたのは毎熊、大迫敬介、森下、伊藤敦樹のみ。毎熊の選出をサプライズと言う声もあるようだけど、選ばれただけでは意味がなく、ポジションを奪えるかがポイントになる。

 特に、2列目よりも前のポジションに、Jリーガーが一人もいない。アタッカーの育成方法に問題があるのか、いろいろな理由が考えられるけど、寂しいね。

 選ばれたメンバーの中で、特に期待したいのが遠藤と鎌田だ。ともに、強豪クラブへのステップアップを果たした。まだ期間は短いけど、強いクラブでのプレーを経験して、カタール・ワールドカップからの成長を見せてほしい。

 ドイツ戦は大きなチャンスだ。世界的な強豪である良い相手に、連勝できるかもしれない。また勝てれば、日本には大きな自信がつく。

 求められるのは、結果だ。日本は、カタールでドイツに勝ったけど、連勝するのは1回勝つよりも難しい。それでも、負けてしまったら「やっぱり、カタールで勝ったのは、まぐれだった」という評価になってしまうだろう。
【関連記事】
日本代表、ドイツ&トルコ戦に臨むメンバー26人を発表! 毎熊晟矢が初選出、遠藤航や三笘薫らも招集
「南野選ばれてないの謎」9月シリーズに臨む森保Jメンバーにファンの反応は?「毎熊が楽しみ」「久保くん大丈夫なんかな?」
好調の南野拓実や大迫勇也はなぜ日本代表選外?森保監督が理由を語る「アジア2次予選、アジアカップ、未来に向けて――」
カタールW杯で最も手強かった相手はドイツ!森保監督が再戦を前に回想「口を揃えて『1番強かった』と」「また世界トップと戦える」
「とうとう世界に見つかる日が来たか」C大阪DF毎熊晟矢の森保ジャパン初選出にファン歓喜「セレッソの誇り長崎の誇り!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ