【リオ五輪予選】大一番にも平常心の南野拓実が“あの苦い経験”を糧に五輪切符を掴む!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月26日

一昨年のU-19アジア選手権での経験が活きるはず。

ここまで1アシストに止まっている南野に待望のゴールが生まれるか。イラク戦での爆発に期待が懸かる。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「大一番ですけど、そんなに気負うことはないです」
 
 その口からは冷静な言葉が返ってくる。ただ、鋭い視線からは内に秘めた熱い想いが感じられる。勝てば五輪出場が決まる準決勝のイラク戦へ南野は静かに闘志を燃やしているようだ。
 
 今予選、南野は少なからず苦戦を強いられてきた。“リベンジ”の意味合いがあったグループリーグ初戦の北朝鮮戦では持ち味を出し切れずに後半早々に交代。第3戦のサウジアラビア戦では井手口の得点をアシストしたが、続く準々決勝のイラン戦では出番がなかった。
 
 まだゴールという歓喜の瞬間は訪れていない。一方で、十分な休養を取れたために「不安はない」とキッパリと答える。
 
 やや懸念するのはキックオフ前後のチームの雰囲気。
「チームは乗っていると思います。でも、いざ試合になってみると、切符がかかった試合で変な雰囲気というか、(苦戦した北朝鮮との)初戦みたいな感じになるかもしれません。そうならないように良い準備をしたいです」と語る。
 
 大一番で緊張に呑まれる感覚。一昨年、U-20ワールドカップ出場を目指して戦ったU-19アジア選手権ではベスト8で北朝鮮と対戦したが、「あの時は北朝鮮にやられました。勢いに呑まれたと言うか……。ただそういうことを経験しているので、今回に活かせればと思います」と振り返る。
 
 周囲からの大きな期待、そしてイラクの激しいプレスを前に南野はいかに立ち回るか。果敢に仕掛け、チームに活力を与えれば、日本は変に受け身に回ることもないはずだ。
 
 重要な一戦だからこそ、ここまで悔しさを味わってきた男に、貴重なゴールが生まれそうな匂いが漂っている。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ