• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本のスタイルに恋をしていた」なでしこJを絶賛したブラジル人記者が悔やんだスウェーデン戦の“過ち”。何が足りなかったのか【現地発】

「日本のスタイルに恋をしていた」なでしこJを絶賛したブラジル人記者が悔やんだスウェーデン戦の“過ち”。何が足りなかったのか【現地発】

カテゴリ:女子サッカー

リカルド・セティオン

2023年08月19日

なぜもっと早くできなかったのか!

強豪スウェーデンに屈し、なでしこジャパンは8強で大会を去った。(C)Getty Images

画像を見る

 日本が敗れたスウェーデン戦、立ち上がりの3分間はとてもいいプレーをしていたが、その後は自陣で相手からのプレッシャーを受けるようになってしまった。

 私にはこの時間が日本の選手からどんどんと自信を奪っていったように見えた。スウェーデンは確かに日本よりフィジカルに勝っていたが、そんなチームへの対峙法が分からないなでしこジャパンではない。その証拠に一度は同じような相手、ノルウェーを下している。

 日本のすべての過ちはスウェーデンのペースに巻き込まれてしまったことだ。それが守備のミスをどんどん大きくする。なぜこれが日本の「実力」ではなく「過ち」と思ったのかというと、後半の終盤、日本は試合を完ぺきに支配するようになったからだ。最後の20分間の怒涛の攻めは圧巻だった。

【PHOTO】華やかにピッチで躍動!豪州&NZ女子W杯、美女プレーヤーを特集!
 日本は前半に放ったシュートは0本だったが、後半頭から左ウイングバックに遠藤純が入ったことで流れが変わった。日本はよりエネルギッシュになり、攻め上がるようになった。なぜこのプレーをもっと早くできなかったのか! それが残念でならなかった。そしてこの「過ち」は日本にとって、高くついてしまった。目覚めた時、残された時間は限られていた。

 PKをモノにできなかったのも残念だった。傷口に塩を塗るようで申し訳ないが、キッカーの植木理子は、W杯準々決勝の2点ビハインドというシチュエーションにおいては蹴るべきではないキックをしてしまった。これほど大事な場面では、リスクのある高いボールを蹴ってはいけない。彼女はもっと冷静になり、リラックスし、確実にゴールマウスに向け、角を狙った低いボールを蹴るべきだったと思う。

 日本はスウェーデンよりボールポセッションは高かったし(51%)、コーナーキックもシュート数も相手より多かった。ゴールバーに阻まれたシュートは3つ。総合すればすべて相手に勝っていたことになる。だが残念ながらサッカーではどんなに良いプレーをしても、それだけでは勝つことはできない。より効率的な試合運びが日本には必要だった。

「日本のプレーを見てほしい」惨敗の中国女子、28歳エースが訴えた“なでしこJとの差”「なぜ彼女たちは次々と...」
【関連記事】
「めっちゃ上手い。まじで長谷部よりうまい」内田篤人が驚愕したなでしこ戦士は?「ビックリした。本当にすげぇ」
「日本のプレーを見てほしい」惨敗の中国女子、28歳エースが訴えた“なでしこJとの差”「なぜ彼女たちは次々と...」
「W杯史上最も醜いゴールのひとつ」日本戦の先制点を隣国メディアから揶揄されたスウェーデンの選手たちは不快感!「はぁ?」「不愉快ね」
「衝撃的な敗北。大惨事の末に決勝を逃す」日本を破ったスウェーデン、痛恨失点での敗戦に母国メディアは悲嘆!「悪夢のような数分間」【女子W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ