• トップ
  • ニュース一覧
  • 「全国のレフェリーのみなさん、やめましょう」倒れた武藤に手を差し伸べる。主審の振る舞いに家本元審判員が私見「毅然と、距離を取って」

「全国のレフェリーのみなさん、やめましょう」倒れた武藤に手を差し伸べる。主審の振る舞いに家本元審判員が私見「毅然と、距離を取って」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月15日

「あんまり良くないかなって思いますよね」

果敢な仕掛けで見せ場を作った武藤(左)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 主審の振る舞いに提言した。

 DAZN配信の『Jリーグジャッジリプレイ』で、8月12日開催のJ1第23節・川崎対神戸における2つのジャッジが取り上げられた。

 まずは10分、神戸の武藤嘉紀がペナルティエリア付近で、川崎の大南拓磨との競り合いの末に倒れる。さらに64分には、エリア内でパスを受けた武藤が、川崎の山村和也との接触で体勢を崩して倒れる。

 いずれもPKかどうかの対象となったが、結果的にはどちらもノーファウルの判定となった。

 このシーンについて見解を求められた元国際審判員の家本政明氏は、「ファウル」と断言。ただ、武藤の足の動きに着目し、10分の場面では武藤が両足を前に運ばずに倒れたこと、64分の場面では接触があった左足とは逆の右足が後ろに動いていることが、ジャッジに影響したのではないかと推測する。
【動画】大迫のハンパないフリーキック!
 このほかに、家本氏は倒れた武藤に主審自らが手を差し伸べて立たせた対応に私見を述べる。

「この状況で、レフェリーから歩み寄って起こすっていうのは、あんまり良くないかなって思いますよね。なので、全国のレフェリーのみなさん、ここはやめましょう」

 そっとしておくべきだった。家本氏はそう考えている。

「感情的になる選手もたくさんいるじゃないですか、選手にとって、しかも(微妙なジャッジが)2つ、あるわけだから。そこはもう毅然と、距離を取って別にいくほうが僕は良かったのかなと思います」

 判定に納得がいかなかったかもしれないが、主審に笑顔で応じる武藤に、「大人ですよね」ともコメントした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「才能を潰して、と言う人たちもいるけど…」神戸の酒井高徳が“若手の国外移籍”に持論!失敗に終わるケースには「海外に行くことが悪いんじゃなくて、そいつがダメだっただけ」

「ベッカムかよ」今季17点目は圧巻ゴラッソ! 神戸FW大迫勇也の華麗な直接FK弾に称賛の嵐!「FKも蹴れるんか」

「エグすぎる...」「G1取れそうだわ」まるで馬? 神戸FW武藤嘉紀の鍛え抜かれたムキムキな太ももにファン驚愕!
【関連記事】
「何でもありになっている」横浜対G大阪の“PKやり直し”に稲本潤一が見解。GKにとって「すごく不利なルール」
「ベッカムかよ」今季17点目は圧巻ゴラッソ! 神戸FW大迫勇也の華麗な直接FK弾に称賛の嵐!「FKも蹴れるんか」
神戸・大迫勇也の美しいFK弾。「初めて蹴った」指揮官が明かした舞台裏
「エグすぎる...」「G1取れそうだわ」まるで馬? 神戸FW武藤嘉紀の鍛え抜かれたムキムキな太ももにファン驚愕!
「才能を潰して、と言う人たちもいるけど…」神戸の酒井高徳が“若手の国外移籍”に持論!失敗に終わるケースには「海外に行くことが悪いんじゃなくて、そいつがダメだっただけ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版!
    11月30日発売
    ヴィッセル神戸
    J1優勝記念増刊号
    盛り沢山の充実企画に
    特製ジャンボポスターも
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト J年間決算号!
    12月8日発売
    1338選手の年間査定&
    現役90選手が選ぶ
    J1 BEST PLAYER
    日本代表カレンダーも!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 移籍市場を先取り!
    12月7日発売
    移籍マーケット
    2024大展望
    EURO2024組分け決定に
    恒例壁掛けカレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ