• トップ
  • ニュース一覧
  • 2019年の湘南戦以来4年5か月ぶりのゴール。アシストも決めた東慶悟が京都戦で大活躍【FC東京】

2019年の湘南戦以来4年5か月ぶりのゴール。アシストも決めた東慶悟が京都戦で大活躍【FC東京】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2023年08月13日

「僕は常に確率を意識してプレーしている」

トップ下でボールを引き出し、様々な局面に絡んだ東(10番)。結果として1ゴール・1アシストとチームの勝利に大きく貢献した。写真:福冨倖希

画像を見る

[J1第23節]東京2−0京都/8月12日/味の素スタジアム

 J1リーグ11位のFC東京は8月12日、味の素スタジアムで15位の京都サンガF.C.と対戦。第18節から東京を率いるピーター・クラモフスキー監督の下で2−0と、新体制になってから4度目の白星を掴んだ。

 この日の主役は、1ゴール・1アシストと存在感を示した東慶悟だ。

 36分、白井康介のクロスが相手に当たってこぼれたボールに反応。そこからシュートに持ち込まず、冷静にパスに切り替えて渡邊凌磨のゴールを演出した。

 そして58分、長友佑都からのロングパスをエンリケ・トレヴィザンがヘッドでゴール前に流すと、そのボールに反応した東が絶妙な胸トラップから会心のボレーシュートでゴールネットを揺らした。これはリーグ戦に限れば、実に2019年3月2日の湘南戦以来となる4年5か月ぶりのゴールとなった。
 
 東は試合後のミックスゾーンで、アシストしたシーンについてフォア・ザ・チームの精神を示した。

「僕は常に確率を意識してプレーしているので、あそこで僕が打つよりも凌磨に出した方がゴールの確率が高いと思ったので、そこを一瞬で判断出来たのは良かったと思います」

 また得点については、「久々のゴールでしたけど落ち着いていました。練習の成果だと思います」と手応えを感じつつ、「次はもっと短いスパンで決めれるように頑張ります」と意気込みも口にした。

 天皇杯を除けばクラモフスキー監督体制で6戦4勝と流れに乗るFC東京。トップ下で起用された背番号10がチームをさらなる上昇気流に乗せるかもしれない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【厳選ショット】東慶悟が約4年5か月ぶりのゴール!2発快勝で連勝達成!|J1第23節 FC東京 2-0京都

【PHOTO】常に12番目の選手として戦ったFC東京サポーターを特集!

【PHOTO】味の素スタジアムに集結した京都サンガF.C.サポーター!

【採点寸評|FC東京】抜け目なくチャンスをモノにして連勝。東が潤滑油として機能しチーム全体がぶれず[J1第23節 FC東京 2-0 京都]
【関連記事】
【採点寸評|FC東京】抜け目なくチャンスをモノにして連勝。東が潤滑油として機能しチーム全体がぶれず[J1第23節 FC東京 2-0 京都]
美しすぎるボレーシュートで4年5か月ぶりにゴール。ヒーローインタビューで笑うしかない東慶悟に“愛あるブーイング”
「極めてばかげたゴールだ!」スウェーデンの1点目に各国から冷ややかな声。母国メディアが伝える「先制点が嘲笑された」
父親は元日本代表でレジェンド。G大阪ユースMF遠藤楓仁は生まれながらの“宿命”とどう向き合っているのか。「苦しんでいたのは事実。でも...」
「残酷な失望」PK戦は10人目で決着!開催国オーストラリアとの死闘に敗れたフランス、母国メディアは悲嘆!「計り知れない後悔」「大きな苦しみ」【女子W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版!
    11月30日発売
    ヴィッセル神戸
    J1優勝記念増刊号
    盛り沢山の充実企画に
    特製ジャンボポスターも
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト J年間決算号!
    12月8日発売
    1338選手の年間査定&
    現役90選手が選ぶ
    J1 BEST PLAYER
    日本代表カレンダーも!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 移籍市場を先取り!
    12月7日発売
    移籍マーケット
    2024大展望
    EURO2024組分け決定に
    恒例壁掛けカレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.39
    12月11日発売
    第102回大会
    高校選手権名鑑
    出場校&出場予定選手を
    顔写真や充実データで完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ