【日本 2-1 サウジアラビア|採点&寸評】鮮烈ミドルの大島僚太に最高点。驚愕ショットの井手口陽介も高く評価! 一方、“嫌な時間帯”に失点した守備に課題…

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月20日

22 日のイランとの準々決勝に向けて、守備面の修正は必要か。松原、奈良、植田…後手に回る場面が見られ、何度かピンチを迎える。

【MAN OF THE MATCH】大島僚太(川崎╱MF)
【警告】サウジアラビア=マジド(61分)、マドゥ(70分)、カノー(72分)、アルズバイディ(90+5分) 日本=奈良(10分)、松原(29分)
【退場】なし

画像を見る

【日本代表・総評】 6
 3日前のタイ戦から先発10人を入れ替えて臨み、大島と井手口がゴールを決めて強豪のサウジアラビアを相手に2-1の勝利を収めた。グループリーグ3連勝と結果は文句なし。
一方、サウジアラビアが狙ったオープンな展開に持ち込まれ、少なくないピンチを迎えた。微妙な判定ではあったものの、2試合連続でPKを献上するなど“負けたら終わり”の重圧がかかる22日の準々決勝イラン戦に向けて、守備面に課題を残した。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】大島、井手口のゴールで3連勝! 日本 2-1 サウジアラビア
 
 [個人採点・寸評]
[GK]
22 杉本大地 6
PKで1失点したが、追加点を許さなかった。周囲へのコーチングも的確だった。
             
[DF]
2 松原 健 5
昨年4月に出術した右膝の状態が芳しくなく、ベストコンディションとは程遠い出来だった。特長の高精度クロスを披露する場面はなく、右サイドの攻防で後手を踏んだ。
 
5 植田直通 5.5
27分にCKから完璧なタイミングでヘディング弾を放ったものの、GKに防がれた。守備面では奈良のカバーに奔走したものの、56分には不運な判定からPKを与えた。
 
6 山中亮輔 6
精度の高いプレースキックは、高さのある相手に対して貴重な攻め手となった。中島、オナイウへのフィードでチャンスを演出。
 
13 奈良竜樹 5
10分にファウルを犯して危険な位置でFKを与えると、21分には相手FWに抜かれ、ヒヤッとする場面を招いた。不安定だった3日前のタイ戦から修正できたとは言い難い。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ