【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』 其の五十三「ジダン新監督のキーワード、“Actitud”の神髄とは?」

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2016年01月14日

現役時代は脇目を振らず、自らの仕事をやり遂げた。

1月9日のデポルティボ戦でトップリーグにおける監督デビューを飾ったジダン。現役時代と同じく凛とした表情とエレガントな立ち振る舞いで独特のオーラを放っていた。(C)Getty Images

画像を見る

「今日の試合で一番気に入ったのは、選手たちのActitudだ」
 
 1月9日、監督としてのトップリーグ・デビューを飾ったジネディーヌ・ジダンは、試合後の記者会見でそう語っている。レアル・マドリーは5-0という華々しいスコアでデポルティボを粉砕したわけだが、その感想がいかにもジダンらしい。
 
「Actitud」とは、スペイン語で姿勢、振る舞いを意味する。
 
 現役時代のジダンは世界最高の選手だったが、決して驕り高ぶることはなかった。ひたすら、プレーすることに集中し、没頭した。脇目を振らず、自らの仕事をやり遂げた。
 
 しかし、仕事をしている、という倦怠感を見せたことはなかった。粛々とピッチに立ち続ける。誰よりも自らを律していた。にもかかわらず、プレーそのものは一流バレリーナのように優雅だった。
 
 ジダンが得意とした有名な技巧に「マルセイユ・ルーレット」がある。マルセイユはジダンの出身地だ。相手と向かい合い、片方の足でボールを引き、くるりと身体を反転させながら、もう一方の足でボールを後ろに引いて前に出るというドリブルプレーの一つ。ボールの動きがルーレット盤で弾かれる球体の動きに似ているところに、その技の名の由来がある。
 
 しかし、彼のプレーを動かしていたのは「Actitud」だった。その行動規範こそが、ジダンの土台だったと言える。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ