• トップ
  • ニュース一覧
  • 「常に視界から消える」吉田麻也が空中戦で苦戦した名手は?「自分が跳ぼうとすると、もう上にいる」

「常に視界から消える」吉田麻也が空中戦で苦戦した名手は?「自分が跳ぼうとすると、もう上にいる」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年07月07日

「いつもタイミングがいい」

天敵となった豪州代表MFについて語った吉田。(C)Getty Images

画像を見る

 元日本代表DFの内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』に、盟友の吉田麻也が出演。“日本キラー”との対戦を振り返った。

 番組内で、「メモリアルマッチ」として、吉田と内田氏がともに先発した2011年のアジアカップ決勝を回想した。アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表が、109分に李忠成が決めた鮮やかなボレー弾でオーストラリアを1-0で下し、戴冠を果たした一戦だ。

 ハイライトの中で、オーストラリアのMFティム・ケイヒルに空中戦で競り負けてヘディングシュートを許したシーンが出ると、吉田は「いつも(ジャンプする)タイミングがいいんだよな」と思い返し、その凄さについてこう回顧している。

【画像】吉田・長谷部・内田・川島の胸アツな4S!

「身体が大きくないので、常に視界から消える。探しているところに、ジャンプ力があって滞空時間が長いので、自分が遅れて跳ぼうとすると、上にもういる」

 2006年のドイツ・ワールドカップでジーコジャパンから2点を奪い、アジアの戦いでも日本の前に立ちはだかってきたアタッカーには、さすがの吉田も手を焼いたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「本当に申し訳ないですけど...」吉田麻也は自身が抜けた森保Jをどう見る?代表復帰には「終わったなんて一言も言ってない」

「非常に珍しい。何なんですか?」内田篤人が驚嘆した日本代表戦士の秀逸プレー。本人は「無意識に動いた」
【関連記事】
「本当に申し訳ないですけど...」吉田麻也は自身が抜けた森保Jをどう見る?代表復帰には「終わったなんて一言も言ってない」
「ベンチもびっくり」元日本代表がアジア杯決勝でザックのポジション変更を拒否。内田篤人と吉田麻也がまさかの行動を回想「理解できていなかった」
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「みんな楽なんだろうな。だから外せないんだろうなぁ」内田篤人が感嘆した日本代表戦士は?「他の選手は30メートル戻らなくて済む」
「賢いんですよ」“デュエル王”遠藤航がボールを奪いづらい選手は? 内田篤人は回答に驚き「えっ、あいつ取りにくいの?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ