【高校選手権】星稜 3-0 明徳義塾|“チームのために”2得点。阿部雅志が示したキャプテンとしての存在感

カテゴリ:高校・ユース・その他

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年01月06日

先制点とトドメの3点目を決め、チームを4年連続のベスト4に導く。

2ゴールを挙げてベスト4進出に貢献した阿部(7番)。東福岡との準決勝に向け、「また引き締め直すことが一番大事」と語った。 写真:田中研治

画像を見る

 前回大会覇者の星稜は、王者の貫録を見せつけて順当にベスト4進出を決めた。河﨑護監督は「(相手がひとり退場し)数的優位に立ちながら、それを上手く使えなかった」と反省の弁を述べたが、3ゴールを奪い、なおかつ無失点で抑えたことは、東福岡との準決勝に向けて弾みがつく勝利になったのは間違いないだろう。
 
 この快勝劇で躍動したのが、主将の阿部雅志だ。前半28分に獲得したPKを冷静に沈めると、後半14分には右クロスを胸でコントロールし、左足でトドメの3点目を叩き込んだ。
 
「“チームのために”を常に心掛けているので、自分のゴールよりはチームがベスト4に進出したことのほうがキャプテンとして嬉しいです」
 
 試合後の言葉からも窺えるように、決して自分を押し出すタイプではない。どちらかと言えば、与えられたタスクを真面目にコツコツとまっとうする選手だ。実際に、今大会ここまで、特別大きな存在感を示したとは言えなかったが、この日、最大の輝きを放っていたのは間違いなく阿部だった。
 
「もちろんキャプテンという責任はありますし、そのなかでも自分のできることは限られていると思うので、去年の鈴木大誠くんとか、一昨年の寺村介くんとは違った自分らしいキャプテン像を意識しています」
 
 阿部は、キャプテンを任されていることへのプライドと責任感を、誰よりも強く持っている。就任当初はチームにまとまりがなく、夏のインターハイでは3回戦敗退。その後、昨年の事故で入院していた河﨑監督が復帰し、チームが格段にレベルアップしたことで、自分のキャプテンとしての未熟さに気付かされた。これにより、“チームのために”という意識はより一層高まった。
 
 準決勝の相手は、インターハイ王者の東福岡だ。
 
「やってやろうという気持ちが強い。ベスト8という大きな山を越えて、選手も少しは満足気味になっちゃうと思うので、僕がキャプテンとして、まだ成し遂げてないことを伝えて、また引き締め直すことが一番大事だと思います」
 
 キャプテンとして成長を遂げた阿部は、次戦に向けての意気込みをこう語った。最後まで“チームのために”という姿勢を一切崩さず、悲願の連覇に向けてまい進するつもりだ。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ