• トップ
  • ニュース一覧
  • 千葉レジェンドが古巣に愛の苦言「多くの人々が20年前の過去に生きている!」「どうすればJ1に昇格できるか誰も知らない」

千葉レジェンドが古巣に愛の苦言「多くの人々が20年前の過去に生きている!」「どうすればJ1に昇格できるか誰も知らない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月27日

「JEF FOREVER IN MY HEART!!」

今なお、古巣ジェフに熱い視線を向けるストヤノフ氏。(C)Getty Images

画像を見る

 イリアン・ストヤノフ氏が、長年J2に甘んじる古巣ジェフユナイテッド千葉に苦言を呈した。

 現在46歳の元ブルガリア代表DFは、2005年に母国クラブから千葉へ加入すると、当時のイビチャ・オシム監督のもとで躍動。同年にクラブ史上初タイトルとなるナビスコカップ制覇に貢献した。その後、サンフレッチェ広島を経て、2011年にファジアーノ岡山で現役生活に終止符を打った。

 引退後も山口県でFCストヤノフ・サッカーアカデミーを開くなど、いまだ日本と強い結びつきがあり、今年4月には息子が高校サッカーの名門、流経大柏校へ入学したことでも話題となった。
【画像】46歳のストヤノフが公開!高校サッカーの超名門入りを果たした息子との2S
 精力的に活動するストヤノフ氏は、6月26日にツイッターを更新。自身の在籍時にはオシムチルドレンの名のもとに、名選手を多く擁してJ1を賑わせながら、今ではすっかりJ2に定着してしまった感のある千葉に活を入れた。

「ジェフ千葉の多くの人々が、20年前の過去に生きている!13年間、チームはJ2にいて、どうすればJ1に昇格できるのか、誰も知らないんだ!どうすべきか、それが1番大事だ!フットボールを理解し、ジェフ千葉のDNAを持つ人材が必要なんだ!」

 ハートの絵文字付きで「JEF FOREVER IN MY HEART!!」と締め括ったように、厳しい言葉は当然、クラブへの強い愛あってのもの。現在16位に沈むジェフはレジェンドの言葉に奮起し、2009年以来のJ1昇格を掴み取れるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】フクアリに華を添えるチアパフォーマンスチーム“ジェット・スフィーン”を特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」
「野球はガムを噛んで、立っているだけ」WBCの日韓戦惨敗で、元韓国代表DFの“侮辱発言”に再注目!「間違ってない」「事実だから反論できない」
「森保さんが注意しないと」闘莉王が日本代表ベテランの“行為”に苦言 「すごく気になっている」
「女性の場合、試合前の“夜の営み”は普通。でも…」ロシア女子代表GKの赤裸々発言が大反響!過去には「最も美しい20人のアスリート」に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ