• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】三笘と伊東に「行ってらっしゃい」の攻撃。ペルー戦は大量点も、速攻に頼りすぎじゃない? 古橋の不発は本人だけの責任ではない

【セルジオ越後】三笘と伊東に「行ってらっしゃい」の攻撃。ペルー戦は大量点も、速攻に頼りすぎじゃない? 古橋の不発は本人だけの責任ではない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月21日

4-1になるほどの力の差は無かった

MVPは1ゴール・1アシストの三笘だよ。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表がペルーに4-1で快勝した。

 6-0で大勝したエルサルバドルに比べて、ペルーは質が高く、多少は意味のある親善試合になったと思う。

 試合内容は拮抗していて、点差ほど大きな力の差は無く、日本には運も味方した。三笘が決めた2点目は、シュートが相手に当たり軌道が変わってゴールイン。前田の4点目は、冷静なフィニッシュは見事だったけど、その前に相手の大きなミスがあった。

 ペルーはチャンスを決め切れなかったり、ゴールネットを揺らしたけどオフサイドになったりしていたが、日本を押し込む場面が目立った。また、前半に脅威になっていたゲレーロを含めてハーフタイムで3人を交代したのは、日本を助けたと思う。

 そこまで弱くない相手に、森保ジャパンの強固な守備からのカウンターがハマった。リードしたために相手が出てきて、裏を突いて攻められた。

 個で見れば、右サイドバックの菅原が面白いと思った。しっかりと激しく守れるし、長い距離のオーバーラップができるように運動量が豊富だ。

 ただ、手放しで喜んではいられない。

 エルサルバドル戦と違って、押し込んだ攻めをほとんど見せられなかった。ペルーを相手に、ビルドアップでもなかなかボールを前に運べないシーンが目についた。スピードと突破力がある両サイドの三笘と伊東によるカウンターに、頼っているように見えた。
 
 三笘の折り返しから伊東が決めた3点目が典型的で、中央で細かなパスをつないで相手を押し込むというよりも、三笘と伊東に「行ってらっしゃい」という攻撃だと感じた。もちろん、2人は“三笘さまさま”“伊東さまさま”というほど見事だったし、この試合のMVPには1ゴール・1アシストの三笘を推したい。

 一方、1トップで先発した古橋はノーゴール。大活躍だったセルティックで見せるようなプレーができなかったのは、日本代表のスタイルも原因の一つだろう。リーグで圧倒的な強さを誇るセルティックは、相手を押し込むサッカーだ。カウンター主体のスタイルでは、古橋は孤立してしまっているように見える。ノーゴールは本人だけの責任ではないと思う。

 また、鎌田も気になった。守備をしっかりこなし、つなぎの部分でも機能。自ら仕掛ける場面もあったけど、ボックス内に入る動きが少なく、ゴールへの意欲があまり感じられなかった。インサイドハーフで起用されたけど、ダブルボランチのような意識になっていたのかもしれない。鎌田も、代表ではクラブのように得点できていないよね。

 カウンター主体の攻撃で、カタール・ワールドカップでドイツとスペインに勝てたのは事実だけど、世界のトップクラスは押し込んで攻めるサッカーを展開している。攻めてくる相手には効果的な攻撃ができても、先制されて相手が引いてきたら、どうなるのか。森保ジャパンには、多彩な攻撃のバリエーションを持ってほしいものだ。

 厳しい言い方になってしまうけど、6月シリーズはウルグアイやコロンビアと対戦した3月に比べると収穫は少なかったと思う。ペルーは良いチームだったけど、日本が目ざしているワールドカップのベスト16突破のためには、もっとハイレベルな国との対戦が必要だ。

 9月にはドイツと対戦する。世界的な強豪国を相手に、日本代表がどんなサッカーを見せられるか、今から待ち遠しいね。

【著者プロフィール】
セルジオ越後(せるじお・えちご)/1945年7月28日生まれ、77歳。ブラジル・サンパウロ出身。日系ブラジル人。ブラジルではコリンチャンスやパウリスタなどでプレー。1972年に来日し、日本では藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)で活躍した。引退後は「さわやかサッカー教室」で全国を回り、サッカーの普及に努める。現在は解説者として、歯に衣着せぬ物言いで日本サッカーを鋭く斬る。

【日本4-1ペルー|採点&寸評】南米の難敵を圧倒して4発快勝!3人が「7.5点」の最高点、MOMは…

【PHOTO】日本代表のペルー戦出場17選手&監督の採点・寸評。3人が「7.5点」の最高点、MOMは1ゴール・1アシストの7番

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!

韓国代表はエルサルバドルを相手に痛恨ドロー! 土壇場で追いつかれたクリンスマン・コリアに母国メディアは落胆「全試合失点の悪循環だ…」
【関連記事】
【日本4-1ペルー|採点&寸評】南米の難敵を圧倒して4発快勝!3人が「7.5点」の最高点、MOMは…
「えげつない破壊力!」強豪ペルーに4発完勝を収めた日本代表を韓国メディアが手放し称賛!「2試合で10得点とは…」
「なんたる強さだ!」難敵ペルーを4発撃破した日本代表の実力に対戦国メディアが脱帽!「見事にしてやられた」
韓国代表はエルサルバドルを相手に痛恨ドロー! 土壇場で追いつかれたクリンスマン・コリアに母国メディアは落胆「全試合失点の悪循環だ…」
「頻繁にポジションを代えながら攻めてくる」ペルー指揮官が日本を称賛。「上手く対処」した韓国戦と比較すると...

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ