【皇后杯決勝】澤が自身のラストマッチで劇的な決勝弾! INACが2年ぶりの優勝を決める

カテゴリ:高校・ユース・その他

本田健介(サッカーダイジェスト)

2015年12月27日

試合を決めたのはやはり澤。

自身のラストマッチで劇的な決勝弾を挙げた澤。最高の形でそのサッカー人生を締めくくった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

ゴール後にはベンチ前で澤を中心に歓喜の輪ができた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月27日、第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の決勝、INAC神戸レオネッサ対アルビレックス新潟レディースが等々力陸上競技場で行なわれ、INACが澤の決勝弾で1-0で勝利。2年ぶりの優勝を果たした。

【皇后杯決勝 PHOTOハイライト】INAC神戸レオネッサ 1-0 アルビレックス新潟レディース
 
 今季限りでの引退を発表している澤のラストマッチとして注目を集めた一戦は、序盤から一進一退の攻防が続いた。新潟Lは鋭い出足からINACにプレッシャーをかけ、INACは素早いパス回しで対抗。
 
 そのなかこの日の澤は前線に積極的に上がり、チャンスに絡む。5分には中盤でボールをキープし前線にスルーパス。中島が抜け出すがシュートはGKにセーブされた。さらに15分には髙瀬へのスルーパスを狙い、20分にはペナルティエリアに侵入してクロスを供給するも、ゴールには結びつかなかった。
 
 前半終盤には新潟Lの小島、INACの中島がビッグチャンスを迎えるが、両者とも決め切れず。前半はスコアレスで折り返した。
 
 後半の立ち上がりには澤が2本連続でCKに合わせるがネットは揺らせず。一方、新潟Lは右SBの左山の突破などでチャンスを作るもゴールは生まれなかった。
 
 その後、やや膠着状態に入るも、試合を動かしたのはやはり澤だった。68分川澄のCKに完璧なタイミングで頭で合わせ、ゴールへ叩き込んだ。
 
 試合はこの1点を守り切ったINACが勝利。澤は最高の形で自身のサッカー人生を締めくくった。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【皇后杯】引退表明の澤、現役最後の舞台の相手が決定! 決勝はINAC神戸対新潟レディースに!
【皇后杯】“澤穂希らしさ”が凝縮された準決勝。17歳差の相棒を脱帽させたパフォーマンスで念願の決勝へ
澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る
引退を決意した澤穂希の光と影。彼女だからこそ背負った苦しみと味わえた喜びとは?
【澤穂希引退】「満足ではなく納得」――笑顔の引退会見で語った決断の理由とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ