【皇后杯】引退表明の澤、現役最後の舞台の相手が決定! 決勝はINAC神戸対新潟レディースに!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月23日

決勝で過去二度対戦し、二度ともINACが勝利。

2年ぶりの決勝進出を決めたINAC神戸。澤の現役最後の舞台を勝利で飾りたいところだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

PK戦の末に日テレを下した新潟レディース。2年前の決勝で敗れたINAC神戸との対戦となっただけに、リベンジを果たしたい。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は12月23日、準決勝の2試合が等々力陸上競技場で行なわれ、INAC神戸レオネッサとアルビレックス新潟レディースが勝ち上がり、同27日に行なわれる決勝に進出した。この大会を最後に現役引退を表明している澤穂希にとって、決勝戦が現役最後の舞台となる。

【皇后杯準決勝 PHOTOハイライト】
 
 準決勝第2試合の日テレ・ベレーザ対新潟Lは、前半から試合が動いた。11分、新潟がセットプレーのチャンスを活かし大石が先制点を決めれば、日テレも34分に中里の2試合連続ゴールで追いつく。1-1で前半を折り返した。
 
 その後は両チームともにチャンスを活かし切れない。試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかずPK戦へ。そして、新潟が3-2とリードして迎えた日テレ5人目のキッカー・阪口夢穂のシュートを、新潟LのGK福村香奈絵がストップして勝負あり。新潟Lが2年ぶり3度目の決勝進出を決めた。新潟Lは過去決勝に進出した2011、13年の2度ともINACに敗れており、三度目の正直で雪辱を期す。
 
 一方、INACは第1試合でベガルタ仙台レディースに2-0で勝利。大野、中島がゴールを奪った。INACも13年大会以来2年ぶりの決勝進出。皇后杯2年ぶりの優勝で、引退する澤が有終の美を飾るのか、27日の決勝が注目されるところだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ