【皇后杯】INACが決勝へ! 澤の最終戦は12月27日に等々力陸上競技場で

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月23日

澤は中盤での果敢な守備で存在感。

澤の現役最後の試合は、12月27日の皇后杯決勝となった。5度目の優勝で有終の美を飾れるか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は12月23日、準決勝のINAC神戸レオネッサ対ベガルタ仙台レディースが等々力陸上競技場で行なわれ、INACが2-0で勝利。決勝進出を決めた。

 これによって、この大会を最後に現役引退を表明している澤穂希の最終戦は、12月27日に等々力陸上競技場(14時キックオフ)で行なわれる皇后杯決勝戦となった。

 試合は立ち上がりから一進一退の攻防を見せ、ともにチャンスを作り出す。仙台は川村優理のシュートがポストを直撃。一方のINACも澤を中心とした中盤での激しい守備から前線の大野忍、川澄奈穂美を軸にテンポの良い攻撃を繰り出した。

 そして39分、INACはセットプレーのチャンスから大野が頭で押し込み先制。前半を1-0とINACがリードして折り返す。

 後半に入っても、澤の有終の美を飾りたいINACと初の決勝進出を目指す仙台、互いの意地が激突。アグレッシブな攻防が続いた。

 そしてINACは60分、待望の追加点を挙げる。川澄のスルーパスを起点にチャンスを広げ、最後は中島依美がゴールに蹴り込んだ。

 その後、INACは集中を切らさずに、仙台の反撃を無失点に抑えてタイムアップ。2-0でINACが勝ち、27日に行なわれる決勝進出を決めた。

 INACは2シーズンぶりの決勝進出で、通算5度目の優勝を目指す。澤の現役最後となる舞台が整った。
【関連記事】
【澤穂希引退】「満足ではなく納得」――笑顔の引退会見で語った決断の理由とは?
澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る
引退を決意した澤穂希の光と影。彼女だからこそ背負った苦しみと味わえた喜びとは?
【女子W杯】「苦しい時は――」澤穂希に支えられてきた“なでしこジャパン”
【なでしこジャパン】ミスが目立ちオランダに敗北。来年2月末のリオ五輪アジア最終予選へ暗雲が立ち込める

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ