• トップ
  • ニュース一覧
  • ガンバ再興への道|ポヤトス監督の“ロマンチック”なチャレンジがいよいよ限界点に。今季の大きな分岐点は…[番記者の見解]

ガンバ再興への道|ポヤトス監督の“ロマンチック”なチャレンジがいよいよ限界点に。今季の大きな分岐点は…[番記者の見解]

カテゴリ:Jリーグ

金川 誉

2023年05月26日

ミスの連鎖も。まさに泥沼

最下位に沈むG大阪を指揮するポヤトス監督。今後、ガンバはいかに戦っていくべきか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ガンバ大阪が苦境に陥っている。14試合を消化し、1勝4分9敗。目下5連敗中で最下位に沈む。西の雄は巻き返せるのか。報知新聞社の金川誉記者に見解をうかがった。

――◆――◆――

 G大阪、そしてダニエル・ポヤトス監督のロマンチックなチャレンジが、いよいよ限界点に近づいてきた。

 14試合を終えてわずか1勝。クラブが掲げる『攻守に主導権を握る魅力的なサッカーで勝利を追求する』というスタイル構築に向け、開幕から主導権を握って攻める戦いを一貫してきたが、クラブは歴史的な低迷を続けている。

 ポヤトス監督は「スペースを支配する」ことに重きを置く。ボールを握り、選手の立ち位置で相手陣内にスペースを作り出し、その場所に共通理解のもとにボールを送ってチャンスを作る。

 文章にすれば簡単だが、これを敵のプレッシャーを受けるなかで実行する作業は、決して簡単ではない。それでもシーズン序盤は確かに変化の芽は見えていた。

 しかし結果が出ないなかで、数々の問題点が浮き彫りになった。ボールを支配してもゴール前では迫力と精度を欠き、カウンターやセットプレー、自陣でのミスなどで重ねた失点はすでに30を数える。
 
「試合をコントロールできていたが……」と毎試合のようにポヤトス監督は苦渋の表情を浮かべる。勝てないことで生じた迷いはプレーから鋭さを奪い、判断の遅れ、さらにミスの連鎖も招く。まさに泥沼だ。

 それでも指揮官は、自身の考えを貫こうとしている。それは契約時、クラブから中長期的な狙いを持って、攻撃的なスタイルのチーム作りを託されたことが理由のひとつだ。

 当然、勝利は最優先だと強調するが「目の前の勝点を取りに行くのか、将来的にタイトルを目ざせるチームを作るのか、2つの選択肢がある。たとえば目の前の勝点を取るために、リスクを冒さず、やることを変えて、その先に何が残るのか」とも語る。

 まず守備に人数をかけて、というアイデアを選択するつもりはなく「ロマンチックなことを言っているように聞こえてしまうかしれませんが、サッカーはファンのためにあると思っている。チームのサッカーを見て、楽しんでいただきたい。このスタイルは選手も楽しめると実感している」と自身にも言い聞かせるように語る。
 
【関連記事】
「奥さんいてはるううう!」「初めて見た」三笘薫、試合後セレモニーで愛妻を同伴する姿が話題!「一緒に居るとこいいわ」
「全然焦らない」元日本代表3人が語る“遠藤保仁の凄さ”「まずはヤットに預けろ」
「2日間ぐらい寝られなかった」自分でも驚くほど悩んだG大阪移籍。途中出場が続くも「このクラブを選んで良かった」と思えたのは…【パリの灯は見えたか|vol.3 山本理仁】
「慎ましい暮らし」「質素な日本車」退団発表のイニエスタ、母国メディアは神戸での生活に注目「誰もが驚いたが…」
90分の被弾が象徴的。G大阪のサッカーは決して悪くない。ダービーで垣間見えたC大阪との違いは「勝者のメンタリティ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ