• トップ
  • ニュース一覧
  • 【鹿島】ピトゥカが“ビッグセーブ”。「ゴール後に睨みつけているように感じた」鈴木優磨を救う!

【鹿島】ピトゥカが“ビッグセーブ”。「ゴール後に睨みつけているように感じた」鈴木優磨を救う!

カテゴリ:Jリーグ

渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

2023年05月14日

「プラスに働いている」チーム状況にも言及

鈴木と審判との間に身体を入れたピトゥカ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第13節]鹿島2-0名古屋/5月14日(日)/国立競技場

 SNS上でも話題となった鈴木優磨のゴール後のパフォーマンスに、チームメイトたちも口を開いた。

 鹿島アントラーズは5月14日、国立競技場にてJ1リーグ13節で名古屋グランパスと対戦。Jリーグ30周年記念スペシャルマッチと銘打たれた一戦を2-0で制し、5連勝を飾った。

 貴重な先制ゴールを奪ったのは鈴木優磨。29分に樋口雄太のCKからヘディングでGKランゲラックの逆を突いてネットを揺らすと、得点直後に審判を睨みつけるように仁王立ちする姿も見られた。

 これにいち早く反応したのがディエゴ・ピトゥカだ。ゴールを祝うように鈴木と審判の間に入り、事なきを得た。
【動画】鈴木優磨が先制弾‼ ゴール後のピトゥカにも注目
 試合後に話を訊くと、ブラジリアンは「最初のゴールがなぜダメだったのかは僕たちもまだ分かりませんが、ここでお話する場ではないと思っています」とコメント。12分にも同じようにCKから鈴木がゴールを決めたかに思われたが、VARの介入の末、CKが蹴り直しになり、ノーゴールとなった場面に触れ、29分のゴール後のシーンについてはこう明かした。

「ゴール後に睨みつけているように感じたので、カードをもらってしまってはいけないと、引きはがしました。(優磨も)我を忘れてやっているわけではなかったので、感情のコントロールもできていましたよ」と、自身の“ビッグセーブ”に言及した。

 さらに現在のチーム状況については、「一人ひとり助け合って、やるべきことをやっている。そのうえで、自分たちの能力も発揮しなければいけない。選手たちで話し合って調整しながらやってきているのがプラスに働いているのだと思います。これで止まることなく、みんなで向上していきたい」と語った。

 名古屋のマテウスを封じるなど、プレーでもチームを救っていたピトゥカは、若手も増えているチームを力強く支えている。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】“ホーム”国立競技場に駆けつけた鹿島アントラーズサポーターを特集!

【PHOTO】名場面がずらり!厳選写真で振り返る”Jリーグ30年史”!
【関連記事】
大観衆の声援に、鹿島FW鈴木優磨は「自分も震えたし、絶対に勝ちたかった」。圧巻5連勝の要因に“フォア・ザ・チーム”を強調
鹿島対名古屋で珍事発生。鈴木優磨のヘディングでの先制弾が幻に…CKのやり直しで再開
「さすがかよ」鹿島FW鈴木優磨がヘッドで今季7点目!ゴールパフォにもファン注目「審判睨むの最高」
「諦めないド根性ゴール」知念慶の力感溢れるフィニッシュにファン喝采!「鹿島に来てくれてありがとう」
「そろそろ勝たないと、鹿島そのものが根底から覆る」“20冠”を知る鈴木満が見据えるアントラーズの進むべき道

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ