• トップ
  • ニュース一覧
  • 【プレミアリーグコメント注目集】ファーディナンドが古巣ユナイテッドを痛烈批判! クロップがピュリスとの握手を拒否した理由を語る

【プレミアリーグコメント注目集】ファーディナンドが古巣ユナイテッドを痛烈批判! クロップがピュリスとの握手を拒否した理由を語る

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2015年12月14日

ファーディナンドがユナイテッドの現状を皮肉る。

サポーターからブーイング浴びるなど信頼を得られていないファン・ハールのユナイテッドを、かつてのチームキャプテンであるファーディナンドは酷評した。 (C) Getty Images

画像を見る

 12月13日、14日に、プレミアリーグ第16節が行なわれた。12月8日のチャンピオンズ・リーグでヴォルフスブルクに2-3で敗れてグループステージ敗退が決まるなど、低調なパフォーマンスが続くマンチェスター・ユナイテッドは、昇格組のボーンマスにも1-2で敗戦した。
 
 迫力に欠けるチームと指揮官ルイス・ファンハールには批判が各方面から集中している。なかでも皮肉めいたコメントを残したのが、ユナイテッドの元キャプテンであるリオ・ファーディナンドだ!
 
リオ・ファーディナンド(マンチェスター・ユナイテッドOB/元イングランド代表)
「選手は監督によって作られた規律ばかりを気にして、チャレンジできていないね。ユナイテッドはどんどん退化していっているし、改善が見られない。だって、監督自身が変化をもたらす気がないからね。もしユナイテッドがトップ4(CL出場圏内)を逃すようなことになれば、かなりの大惨事だよ。ワールドクラスの選手を獲得することが難しくなるし、同時にグアルディオラやアンチェロッティを招聘するチャンスを逃すことになるだろ?」
 
 ファン・ハール監督がもたらした厳格な規律の効果は、今シーズンの失点数がリーグ最少の13という守備力に表われている。しかし、ボーンマス戦でも総シュート数が相手よりも下回るなど、「面白みがない」というサポーターの声は日増しに強まっており、英紙『デイリー・ミラー』が行なった「ユナイテッドにファン・ハールは適しているか?」というアンケートでは、81%が「No」と回答しているのだ。
 
 今後も批判を浴びるようなサッカーが続けば、来シーズンはおろか今シーズン中にも、ファン・ハールの解任をクラブは決断するかもしれない。ファーディナンドがグアルディオラやアンチェロッティの名前を出したのは、まさにそれゆえなのである。
 
【関連記事】
【連載】“超偏愛”4コマ漫画「COME ON YOU ARSENAL!」第11回:プレミアの監督たちの集まるパブ Part 2
【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のバルサを振り返る Vol.20~2010-11シーズン ~
【記事追加】バルサ IN ジャパンの回想録・親善試合編――1990・2004・2005・2007
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】「勝てる試合を落とした」クラブ・アメリカの甘さとメキシコの限界
【クラブW杯】広州恒大をベスト4に導いた“フェリポン・マジック”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ