• トップ
  • ニュース一覧
  • 湘南加入内定のDF髙橋直也。本職は中盤も関西大では“嫌がっていた”CBで奮闘、目ざすプレーはバルサのデ・ヨング

湘南加入内定のDF髙橋直也。本職は中盤も関西大では“嫌がっていた”CBで奮闘、目ざすプレーはバルサのデ・ヨング

カテゴリ:大学

森田将義

2023年04月25日

湘南ではボランチ、アンカーで起用か

来シーズンから湘南に加入する髙橋。写真:森田将義

画像を見る

 今年2月に来季からの湘南ベルマーレ加入内定が発表された関西大DF髙橋直也(4年)の魅力は、攻撃性能の高さにある。

 大学ではCBとしてプレーしているが、とにかく上手い。落ち着いたビルドアップで攻撃のスイッチを入れつつ、相手の寄せが甘ければ最終ラインからスルスルと持ち上がっていく。技術の高さは元々のポジションと本人の思考に由来する。

 高校でガンバ大阪ユースに入ってから、チーム事情によってボランチから最終ラインにコンバートされたが、中盤でのプレーを望んでいたため、「サッカーが嫌になりそうな時期もあった」。だが、当時の指導者に「センターバックでも運んでゴールまで行けば良い」、「ボールをとられなかったら、誰も文句を言わない」とアドバイスをされ、教えて貰ったのがバルセロナのMFフレンキー・デ・ヨングだ。髙橋と同じく本職はボランチながらも、CBとしてもプレーする機会も多いオランダ代表のプレーを目ざして、慣れないポジションでも奮闘を続けてきた。
 
 ユースを卒業する際も、「センターバックは嫌です。大学でも無理です」ときっぱり言い張っていたが、指導者が彼を最終ラインで使いたくなる理由は分かる。

 プレーは非常にクレバーで危ない場面を察知し、事前にいち早く消せるし、最後のゴール前では身体を投げ出してシュートも防げる。嫌がっていたポジションではあるが、自陣からボールを繋いでいく関西大のサッカーだとボールに触る回数も多く、髙橋の良さを発揮しやすい。大学でも学年が上がるごとに試合での存在感を増していき、Jリーグのスカウトから注目を集める選手となっていった。

 今年に入ってからは湘南のキャンプに参加。ボランチ、アンカーなど中盤での起用が想定されているのは、本人にとって嬉しい限りだ。

「攻撃には自信を持っているので、湘南でも余裕を持って周りを動かして、パスが出せた。課題はゲーム通してのプレー強度とスピード感。あとは守備での球際の強さや、寄せる距離でも課題を感じました。ただ、高校時代と比べたら守備でもガツガツ行けるようになってきました」
 
【関連記事】
「色にびっくり」湘南が七夕ユニホームを発表!波に揺れる水面を表現「爽やかでシンプル」「プレミアにありそう」など脚光
「ちょっと言い過ぎやろ!」大久保嘉人が香川真司に主審への過剰な抗議を指摘! 本人は「あなたに言われたくない!」
「『こいつ、ウザっ!』と思っていましたが…」安田理大が選ぶJリーグ歴代最強イレブン。「グラディエーターみたいに戦う」
「タケを獲得した時は嫌だったけど、今はお気に入り」現地のソシエダサポに訊いた久保建英の“リアルな評価” 「運動量に驚き」「ローマ戦の先発落ちは監督のミス。考えられない」
「難しいテーマだね」久保建英はなぜ森保Jで本領を発揮できない? 城彰二と播戸竜二が分析!「技術が凄いけど…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ