• トップ
  • ニュース一覧
  • 「今夏の移籍のサインだ」英代表MFマウント、リバプール行きに一気に加速か? 代理人変更で現地メディア見解

「今夏の移籍のサインだ」英代表MFマウント、リバプール行きに一気に加速か? 代理人変更で現地メディア見解

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2023年03月19日

チェルシーとの契約延長交渉は不調に

今夏の移籍が噂されているチェルシーのマウント。(C)Getty Images

画像を見る

 移籍の噂が一気に現実味を帯びてきたのかもしれない。

 ここ最近、英国メディアでその動向が注目されているイングランド代表MFのメイソン・マウントが代理人を変更したことが明らかになった。

 チェルシーとの現行契約が2024年6月で満了となるマウントは、現在クラブからの契約延長のオファーを拒否し続けており、契約満了後にフリーで出ていかれるのを避けたいチェルシーは、今夏に現金化するのではないかと囁かれている。

 イングランドでトップクラスのアタッカーには、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルといったプレミアリーグのビッグクラブが触手を伸ばしているようだ。

 そんな中、渦中のアタッカーが代理人を父親のトニー・マウントからニール・フューイングスに変更。これがリバプール移籍のサインなのではないかと、現地メディアを騒がせているのだ。
 
 実はこの新代理人、ジョーダン・ヘンダーソンやフィルジル・ファン・ダイク、ハービー・エリオットなど、多くのリバプール選手を抱える敏腕代理人として知られ、今年2月には、これらの選手たちを引き連れてアメリカの大手エージェンシー『ワッサーマン・グループ』から、ドイツのエージェント会社『ルーフ』に籍を移した話題となった。

 このルーフというエージェント会社もリバプールとは縁深く、現在もプレーするナビ・ケイタ、さらには元レッズのサディオ・マネ(現バイエルン)、デヤン・ロブレン(現リヨン)、ナサニエル・クライン(現クリスタル・パレス)などを顧客に抱えている。

 さらにリバプールサポーターにとって心強いのが、かつてヘンダーソンが、2018年1月に代理人が同じファン・ダイクの移籍に一役買った前例があることだ。イングランド代表でともにプレーしてきた間柄であるマウントに対しては、オランダ代表DFの時より、さらに積極的なサポートをすることも十分考えられるだろう。

 これらの情報を見ると一気にリバプール行きが近付いたようにも感じられるが、移籍市場は何が起こるか分からない。はたして今夏のビッグディールは成立するのだろうか。今後の動向に注目したい。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】マウントのゴール&アシスト集をチェック!
【関連記事】
メガ注目の三笘薫、チーム最低ランクの週給320万円→一気に倍増か。ブライトンが27年までの契約延長オファーを準備と英報道!「クラブの最優先事項」
「モドリッチを排除する」「誰もが驚いた」マドリーが“10番の後継者”として日本人MFに興味と西メディア報道!久保でも中井でもなくまさかの…
「とんでもない可能性を秘めている」久保の活躍でソシエダが22歳の日本人アタッカーの獲得に関心と現地報道!「クボとのコンビが実現できる」
「日本にはほとんど負けたことがない」中国代表レジェンドの“虚偽発言”が母国で炎上!「実情は6戦4敗だ」「大ホラ吹き」
「日本の指揮官はダービーを見に来るべき」元プレミア得点王が古橋と旗手を選外にした森保監督に苦言!「前田が選ばれたのならおかしいし矛盾」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ