• トップ
  • ニュース一覧
  • 「余裕をかました日本が敗退」冨樫ジャパンの準決勝敗北を韓国メディアがバッサリ!「油断した代償は大きかった」【U-20代表】

「余裕をかました日本が敗退」冨樫ジャパンの準決勝敗北を韓国メディアがバッサリ!「油断した代償は大きかった」【U-20代表】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年03月16日

「スタメンからして差が大きかった」

PK戦の末にイラクに敗れた日本代表。(C)2023 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 ウズベキスタンで開催中のU-20アジアカップで、U-20日本代表は3月15日、準決勝でU-20イラク代表と対戦。2-2で突入したPK戦で3-5と敗れ、2大会ぶりの優勝の夢が潰えた。

 すでにベスト4以上に与えられるU-20ワールドカップの出場権を得ている日本は、主将のMF松木玖生やここまで4ゴールのFW熊田直紀らがベンチスタートになるなか、12分にセットプレーから失点。先制を許す。

 後半開始から松木、熊田、永長鷹虎を投入すると、83分に永長が左足のゴラッソでネットを揺らし、同点ゴール。1-1で突入した延長戦では103分に失点するも、118分に熊田がヘディングシュートを叩き込み、再び振り出しに戻す。しかしPK戦で2人目の佐野航大が外し、5人全員が成功させたイラクに屈した。

【動画】DFをかわしてコントロールショット!永長がイラク戦で決めたゴラッソをチェック
 
 この日本の敗退に韓国メディアも注目。『OSEN』は「余裕をかました日本が、PK戦の末にU-20アジアカップから敗退」と題した記事を掲載。次のように伝えている。

「試合前の両チームのスターティングメンバーからして差が大きかった。イラクは主戦級のメンバーが全員出場したが、日本は攻撃の核である松木と熊田が共にベンチで待機した。さらに、主力GKの木村凌也までスタメンから外れた。油断した代償は大きかった。12分でイラクが先手を取った。コーナーキックからアリ・ジャシムが絶妙なヘッドで押し込み、先制ゴールを挙げた」

 記事は、「その後もイラクが試合の主導権を握った。日本はゴールの中に入りそうだボールを蹴り出した決定的な守備と、イラクのシュートがポストに当たる幸運がなかったら、追加点を奪われていただろう」と試合を振り返っている。

 ただ、韓国もこの後に行なわれた試合で、開催国ウズベキスタンに0-0で突入したPKの末に敗北。同じく決勝に進めなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

AFC U20 アジアカップ ウズベキスタン 2023
決勝戦
2023年3月18日(土)23時キックオフ
DAZN独占配信

【PHOTO】ウルグアイ・コロンビアとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
【関連記事】
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
「サッカーも他人事ではない」WBCの日韓戦惨敗に韓メディアが危機感!「日本は韓国の強みまで吸収した。いまや精神力も上だ」
「野球はガムを噛んで、立っているだけ」WBCの日韓戦惨敗で、元韓国代表DFの“侮辱発言”に再注目!「間違ってない」「事実だから反論できない」
「カンフー選手か!中国の暴力サッカーは良心も恥もない」韓国側の辛辣批判に中メディアが猛反論!「汚い? そっちはテコンドーサッカーじゃないのか?」【U-20アジア杯】
【森保ジャパン26人の最新序列】三笘をベンチに置く理由はない。1トップは3人が横一線と見る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ