• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ハタテはもの凄い選手だがあれはない」セルティック旗手怜央のダイブを元審判が猛批判!「酷い行為。見るも恐ろしい」

「ハタテはもの凄い選手だがあれはない」セルティック旗手怜央のダイブを元審判が猛批判!「酷い行為。見るも恐ろしい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年03月15日

「2試合の出場停止にすべき」

スコットランドで大活躍中の旗手。(C)Getty Images

画像を見る

 旗手怜央は海外初挑戦となった昨シーズンに続き、今シーズンもスコットランドきっての名門セルティックで圧倒的なパフォーマンスを披露。チームメイトの古橋亨梧や前田大然と共に、主力として活躍している。

 スコットランドリーグのMVP有力候補とも目され、現地で高い評価を得ているが、ここにきて思わぬ“クレーム”が入った。英紙『THE SCOTTISH SUN』が3月14日付けで伝えたところによれば、元審判のスティービー・コンロイ氏が、先日のハーツとのスコティッシュカップ準々決勝(3-0)で、旗手がシミュレーションを行なったと非難したのだ。

 同氏は25歳のMFが、オレティス・キオムルツォグルと接触した後に、ピッチの中央で倒れた場面を問題視。「私たちは以前から、遡ってレッドカードにすべき、2試合の出場停止処分が必要だと主張してきた。ダイビングは反則行為ではないため、VARが関与できないなんてスタンスは異常だ」と、鼻息荒く訴えている。
【動画】衝撃の一言!旗手が2発を叩き込んだレンジャーズとの大一番をプレイバック
「レオ・ハタテはスコットランドのサッカー界においてもの凄い選手だが、あれはない。酷い行為で、見るも恐ろしい。なぜこれらの違反に対してSFA(スコットランドサッカー協会)が遡及措置を取らないのか分からない。処罰を止めてしまったようだ」

 一挙手一投足がこれだけ大きな注目を集めるのは、サムライ戦士がスコットランド指折りのスターとなった証拠と言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ウルグアイ・コロンビアとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!(1992-2022)

【PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
セルティックで躍動する古橋亨梧と旗手怜央はなぜ日本代表に選出されないのか。森保監督に質問した答は?「リーグのレベルだったり…」
「ハタテという新たなヒーローがいた」セルティック指揮官が就任100試合、地元紙がベストゲーム5選に旗手怜央“衝撃2発”のダービーを選出!「優勝へのきっかけとなった」
「日本=柔道や野球のイメージが根付いている」旗手怜央がセルティックで感じる文化の違い「こっちだとイコールがサッカー」
「日本、アホちゃうか」本田圭佑、WBCのサッカー熱への影響に関する問いにバッサリ!「なんでレベルの低い話をしなきゃいけないのか」
「トップのクラブに行ける選手が何人いるの?」内田篤人が日本代表の今後について意見!「ある程度の国ならやれるよ、そりゃ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ