【2015総括】神戸編|大きな失望感は期待値の高さから。大量失点も多かった守備面のテコ入れは急務だ!

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2015年11月26日

負傷者が続出し、チーム作りが進まず。

今季10ゴールを決めた渡邉。残留争いの直接対決となった第2ステージ・15節の山形戦ではハットトリックの活躍も見せている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第2ステージは広島が優勝。年間勝点でも広島が浦和を抑えて頂点に立ちレギュラーシーズンは幕を閉じた。今季の34試合をJ1全18チームはいかに戦ったのか? 各クラブの担当記者が、11月22日で今季最終戦を迎えた2015シーズンを振り返り総括する。
 
――◆――◆――
 
ヴィッセル神戸
年間成績:12位 勝点:38 10勝8分16敗 44得点・49失点
第1ステージ成績:13位 勝点:19 4勝7分6敗 17得点・19失点
第2ステージ成績:13位 勝点:19 6勝1分10敗 27得点・30失点
 
【2015シーズンの出来を点数で表わすと?】
30
 
 ネルシーニョ監督を招聘し、大型補強を行ないながら年間12位でフィニッシュ。期待値が高かったぶん落胆は大きい。まだ天皇杯は残すが、目標に掲げたクラブ創立20周年での初タイトル獲得の可能性は低いと言わざるを得ない。ナビスコカップで初のベスト4に進出した点は評価したいが、準決勝では鹿島に完敗。大きな力の差を見せ付けられた。
 
 苦戦を強いられた最大の要因として、怪我人が続出し、チーム作りが遅々として進まなかったことが挙げられる。森岡、小川、安田、高橋峻、増川、山本ら主軸が次々に離脱し、巻き返しのキーマンとして夏に獲得したレアンドロも負傷の影響で、終盤戦は試合に絡めず。ベストメンバーを組めなかったチームは、不安定な戦いを続けた。
 
 特にその影響は守備面に表われ、リーグ戦で無失点試合はたったの5と脆弱さが顕著に。弱点とされたカウンターへの対応は最後まで改善されず、第2ステージ5節の広島戦(●0-4)、最終節の浦和戦(●2-5)など大量失点する試合も少なくなかった。
 
 来季に向けた補強では清水の大前の獲得などが噂に上がるが、まずは守備にメスを入れるべきだろう。そのうえでネルシーニョ監督のスタイルを選手たちにより浸透させたい。
 
 
【今季のチームMVPは?】
渡邉千真(FW
 
 残留争いの直接対決となった、第2ステージ・15節の山形戦ではハットトリックを記録。10月の5試合では6ゴールを奪う猛チャージを見せ、下位に沈んだチームを救った。1トップだけでなくシャドーや2列目など様々なポジションをこなした点も高く評価できる。
 
文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ