• トップ
  • ニュース一覧
  • 「審判は日本に偏っていた」U-20中国代表の指揮官が判定に怒り!両軍の小競り合いには「スペインではイエローにならない」

「審判は日本に偏っていた」U-20中国代表の指揮官が判定に怒り!両軍の小競り合いには「スペインではイエローにならない」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年03月04日

「中国は完璧なプレーをしたと思う」

日本戦の判定に不満を述べた中国のアントニオ・プチェ監督。(C)2023 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 U-20日本代表は3月3日に開催されたU-20アジアカップのグループステージ(D組)第1節で、U-20中国代表と対戦。2-1で逆転勝利を収めた。

 開始6分に相手のCKから田中隼人のオウンゴールで先制を許すと、前半をリードされたまま終えるまさかの展開。だが、66分に途中出場のFW熊田直紀が決めたヘッド弾で追いつくと、その4分後にも熊田が逆転ゴール。終盤は両チームがヒートアップするやや荒れた展開となるも、このまま逃げ切った。

 中国のスポーツメディア『新浪体育』は、「アントニオ監督は審判が日本に少し偏っていると考えていた」と報道。U-20中国代表を率いるスペイン人のアントニオ・プチェ監督が試合後の会見で語ったコメントを掲載している。

「我々のパフォーマンスはかなり良かった。これが中国サッカーが必要とする試合だ。ゲームの中で成長する必要があり、これが中国サッカーの進むべき道だ。今日の試合で、中国は完璧なプレーをしたと思う。戦術とカウンター攻撃は素晴らしかったが、望んでいた結果を得られなかった」
 
 50歳の指揮官は「かなりプレスをかけたし、ボール奪取もうまく行った。試合の中でオフェンスの部分も見せた。後半、日本は高いセンターフォワード(熊田)を出してきた。選手たちの技術は高く、スピードも上がってスペースを有効に使った。これにより、彼らはゴールを決められた」と発言。判定について「審判についてコメントするのはあまり好きではない」と話しながらも、こう続けている。

「私が言えるのは、この試合では運が悪かったということだけだ。レフェリーは日本にやや偏っていた。今日は本当に運がなかった」 

 そして、終盤に激しくやり合い、立て続けにイエローカードを受けた点についても、「コメントの仕方が分からない」と前置きしつつ、こう述べている。

「どう考えるかはレフェリー次第だが、我々の選手たちは小競り合いをした。 スペインでは、両軍の選手がボールを奪い合っている限り、たとえ転んでもファウルとはみなされず、ボールを奪い合っているので警告にはならない」

 節々にジャッジへの不満をのぞかせた会見だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】抜群の決定力!U-20代表の大型ストライカー熊田が中国戦で決めた圧巻の2ゴール

AFC U20 アジアカップ ウズベキスタン 2023
グループステージ第2戦
キルギス代表 vs 日本代表
2023年3月6日(月)19時キックオフ
DAZN独占配信
【関連記事】
「日本のようにプレーできるのは30年か50年後」冨樫Jに敗れたU-20中国代表を母国の有名評論家がバッサリ!失点シーンを酷評「7、8歳の子どもか」
「よくぞ言ってくれた!」川淵三郎氏の中国サッカーへの発言が現地で大反響!「日本人から指摘されて恥ずかしくないのか」
なぜ熊田直紀はベンチスタート? 指揮官の狙いは見事にハマり、中国撃破の2発。巧妙な駆け引きと闘争心の着火【U-20代表】
「高さと強さがレベチ」U-20代表の熊田直紀が圧巻2発!「逸材が過ぎるだろ」など反響!
「彼はやります」内田篤人が18歳の高校生ストライカーを“激推し”!「名前だけ覚えてください」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ