• トップ
  • ニュース一覧
  • 「不安が的中した」失速した久保建英、ソシエダ番記者が指摘した“懸念”とは?「フラストレーションを抱えたまま…」【現地発】

「不安が的中した」失速した久保建英、ソシエダ番記者が指摘した“懸念”とは?「フラストレーションを抱えたまま…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2023年03月01日

ふわふわと所在なさげだった

バレンシア戦では73分で交代となった久保。(C)Getty Images

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)とアレクサンダー・セルロトは、今シーズンのレアル・ソシエダのトレンディペアとして、その実力を発揮してきた。

 しかしここにきてその状態にオレンジ色のアラームランプが点灯している。敵地メスタージャに乗り込んだ今節のバレンシア戦での失意のうちに終わったパフォーマンスはくしくもソシエダが身にまとっていたユニホームの色と同じだった。

 イマノル・アルグアシル監督がヨーロッパリーグで上位進出を目ざしているのは、ここ数週間、故障明けの選手を慎重に起用し、主力の出場時間を分配しているその采配からも明らかだ。そんな中、変わらずフル稼働を強いられているのが冒頭の2人だ。セルロトは、アレクサンデル・イサクの退団、その後釜として獲得したウマル・サディクの怪我、カルロス・フェルナンデスの度重なるコンディション不良、ホン・カリカブルの退団(冬の移籍市場でレガネスへレンタル移籍)が重なり、オプション的な要素が強いミケル・オジャルサバルを除けば、代役不在の状況が続いている。
 
 その相棒であるタケもアルグアシル監督の絶大な信頼を追い風にここまで27試合に出場。そのうちスタメンが22試合、4ゴール・7アシストを記録している。

 もちろん不安は、疲労の蓄積で、メスタージャでその懸念が的中した。いつもの戦う姿勢を見せるも、フィニッシュに絡んだシーンはほぼ皆無。輝きを欠き、試合開始時の右ウイング、ハーフタイム明けのトップ下とポジションを変えてもふわふわと所在なさげだった。

 最大の見せ場は開始1分だった。ブライス・メンデスのヘディングによるパスに呼応して裏に抜けたが、利き足の左足で蹴ることに固執するあまり、無理な体勢で放たれたクロスは精度を欠き、誰にも合うことなくゴール前を通り過ぎていった。

 精度を欠いたと言えば、後方のアンデル・バレネチェアとのコンビネーションもそうだ。本職がウイングの急造SBのため、プレースタイルが似通い、補完性を築くというよりも、持ち味を消し合っていた。

【動画】敵DFをかわして右足のクロス!バレンシア戦でチャンスを創出する久保建英
【関連記事】
「完璧なパスだ」「GKを無力化した」三笘薫の絶妙な “決勝アシスト”を英国メディアが激賞!「見事なゴールだ」
「何の冗談だ?」「最悪」1点ビハインドで…久保建英の73分交代にソシエダサポは激怒!
「タケはどこにいた?」シュートゼロの久保建英、スペイン紙が屈辱の“0点”評価で酷評「W杯以降で最悪、影響力を与えられず」
「反則レベルで可愛すぎる」なでしこ岩渕真奈が披露した“黒スポブラ姿”が反響!「ボクサーと勘違いするほどスリム!」
なぜ日本人選手はスペインで成功できないのか。久保建英が西メディアに語った持論「僕らの文化では…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ