• トップ
  • ニュース一覧
  • 「シンプルにもっとしっかりやれば…」決定機を逃した浦和モーベルグの現在地。復調途上でも先発起用の理由は?

「シンプルにもっとしっかりやれば…」決定機を逃した浦和モーベルグの現在地。復調途上でも先発起用の理由は?

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年02月26日

明本はモーベルグら右サイドをチームのストロングポイントと評価

完全復活が待たれるモーベルグ。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1第2節]横浜2—0浦和/2月25日/日産スタジアム

 ポーランドリーグを4度制したマチェイ・スコルジャ新監督を招聘した浦和レッズが、スタートでつまずいた。2節・横浜戦で0-2完敗。開幕節のFC東京戦と同スコアでの連敗になってしまった。

 そのなかで、昨季はチームトップの8得点を挙げた背番号10のダヴィド・モーベルグが、本領発揮に至っていない。横浜戦では、持ち前の鋭いドリブルは見られず、守備でも相手に置いていかれるシーンが目立った。

 さらに、51分に小泉佳穂のスルーパスを受けて迎えた決定機では、得点に結びつけられず。スコルジャ監督は、この場面を一番のチャンスだったと振り返り、「決められていれば、違った試合になったと思う」と悔やんだ。

 試合後に取材に応じた28歳のスウェーデン人FWは、命運を分けたビッグチャンスについて「素晴らしいパスが来たが、ピッチが乾いていたこともありコントロールミスがあった。ゴールで試合の流れは変わるので、シンプルにもっとしっかりやれば良かった」と、唇を噛む。
 
 ここまで、コンディション調整に苦しんできたとして、「FC東京戦は、プレシーズンの初戦のような感覚もあった」という。一方で、「練習や試合を重ねて、コンディションが上がっていると感じている」と手応えも語った。

 そんなモーベルグの状態について、スコルジャ監督は「今はベストな時期ではない」と分析。それでも、「本来の姿を取り戻すためには出場させたほうが良いと判断した」とスタメン起用の理由を明かし、「試合をこなすにつれて右サイドが強くなっていくと確信している」と期待を寄せた。

 また、左サイドバックを務めた明本考浩は、昨季との戦術面の違いに「僕が“左肩上がり”の時のほうが多かったけど、“右肩上がり”が結構ある」とコメント。右サイドがストロングポイントだと認めて、モーベルグと酒井宏樹、伊藤敦樹の「3人の関係性は、去年からすごく良かった」と評価する。

 モーベルグのコンディションが戻った時、浦和はどのような攻撃を展開するのか。28歳アタッカーの“復活”が待たれる。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】浦和の出場14選手&監督の採点・寸評。GK西川のビッグセーブが光る。途中出場で攻撃にリズムを生んだ興梠を高評価

【PHOTO】アウェー日産スタジアムで必死の応援を続けた浦和レッズサポーター
【関連記事】
【採点寸評|浦和】興梠の投入で攻撃が活性化も…ペースを握った時間帯で決めきれず連敗[J1第2節 横浜2-0浦和]
「絶好調すぎる!」浦和の守護神・西川周作、立ち上がりのファインセーブ連発に称賛の声!「すでに2点は止めてる」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?
「まるで神のように扱ってくれる」浦和FWシャルク、日本で“圧倒されたこと”を告白!「人生が変わる。美しい国だ。人々は…」
「ヒデさんの部屋をトントンして」20歳の大久保嘉人が取った中田英寿への行動に前園真聖が驚き!「勇気あるね」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ