• トップ
  • ニュース一覧
  • 「怒りの発言は見過ごされた」久保建英が発したチームへの苦言に地元紙が見解!「批判するのに躊躇しなかった」

「怒りの発言は見過ごされた」久保建英が発したチームへの苦言に地元紙が見解!「批判するのに躊躇しなかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月21日

「もっと攻撃しなければならない」

久保のセルタ戦後の発言が注目されている。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表MFの発言が注目されている。

 久保建英が所属するレアル・ソシエダは2月18日のラ・リーガ第22節で、セルタとホームで対戦。開始5分に久保がアシストしたミケル・オジャルサバルのゴールで先制するも、相手が退場者を出したにもかかわらず、後半アディショナルタイムにオウンゴールを献上し、痛恨のドローに終わった。

 ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』は2月21日、「タケ・クボ、もっと攻めなきゃ」と題した記事を掲載。この試合で、3試合連続のマン・オブ・ザ・マッチに輝いた久保の試合後の発言に注目している。

「彼らが10人になったし、もっとゲームをコントロールするべきだった。もっとボールに触れて、バックパスをあまり出さないようにすることもできたはず。僕たちは時々自分たち自身で難しくしてしまう。もっと攻撃しなければならない。僕も含め、何回かのチャンスで試合を決められた可能性があるし、全員が責めを負わないといけない」
 
 同メディアは、「セルタ戦後のかなり怒ったタケ・クボの発言は、最後には見過ごされた」と指摘。こう続けている。

「率直な人間である日本人は、セルタ戦でスローで、平凡で、意外性のない試合をしたチームを正しく批判することを躊躇しなかった」

 さらに、「もちろん最初に責任を負うのは、エリア内からシュートを放った彼の2つのミスに対して誠実な自己批判を行なった彼自身だった」と綴っている。

「日本人は、セルタ戦の引き分けに対して非常に自己批判的だった。これは勝つに値せず、観客を退屈させたラ・レアルに対する公正な罰だった」

 同紙は、自身の決定機逸を反省しつつ、チームの姿勢にも苦言を呈した久保の発言をポジティブに受け止めているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「凄まじいドリブルとアシスト」現地メディアも絶賛!エースのニアぶち抜き弾をアシストした久保の絶妙スルーパス

【動画】見事なトラップから強烈な左足ボレー!久保が前節エスパニョール戦で決めた圧巻のゴラッソ
【関連記事】
「ジダンが追い出したクボがシャビの移籍リストに」久保建英獲得を巡るマドリーとバルサの動きに西メディアが見解!「“裏切り”を許すのか?」
なぜ日本人選手はスペインで成功できないのか。久保建英が西メディアに語った持論「僕らの文化では…」
「バチバチしてるの初めて見た」「ケンカするんかと」伊東純也が激怒!元ブラジル代表DFとの睨み合いが反響!何があった?
「いまだに理解できない」久保建英、FIFA規則の影響で強いられたバルサ退団を回想。「まだ12~13歳の少年、大きな影響を与えた」
「経営陣の汚点」「忍耐力の欠如」久保建英を手放したマドリーをスペインメディアが非難!「名手を10億円で売却したのはさらに酷い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ