• トップ
  • ニュース一覧
  • 真の姿を隠していた? 停滞ムードを払拭した鹿島の開幕白星スタート。“左サイドの知念”が果たした役割は非常に大きい

真の姿を隠していた? 停滞ムードを払拭した鹿島の開幕白星スタート。“左サイドの知念”が果たした役割は非常に大きい

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2023年02月19日

知念は“鹿島イズム”の体現者

開幕戦でチームの2点目を決めた知念。ゴール以外の部分で果たした役割も非常に大きかった。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1第1節]京都0-2鹿島/2月18日/サンガスタジアム by KYOCERA

 真の姿を隠していた、ということか。

 宿敵の川崎からFW知念慶、広島から俊足アタッカーの藤井智也、J2町田からボランチの佐野海舟など、折り紙つきの即戦力を獲得。覇権奪回に向けて本気度を高める鹿島だが、シーズン開幕前のトレーニングマッチやプレシーズンマッチではJ2の徳島、岡山、町田、東京V、水戸といった相手に対して勢いづくような結果を得られず、チームの仕上がり状態に疑問符がつけられた。

「実際、どうなのか?」

 こう世間をざわつかせていたが、敵地で迎えた京都との開幕戦に快勝し、停滞ムードを払拭した。

 ふたを開けてみれば、それまでとは打って変わって、躍動感に溢れるパフォーマンスを随所に披露。些細なミスから何度かピンチになりかけたものの、前半のうちに奪った2点の優位性を生かし、冷静に試合を運んだ。

 最終ラインからボールをつなぐ意識の高い京都に猛烈に圧力をかけ、かたやカウンターに対するリスクマネジメントも両CBの植田直通と関川郁万、アンカーに入った佐野を中心に整え、盤石の勝利を見せつけた。

 昨夏、コーチから内部昇格し、チームの指揮を託された岩政大樹監督は「すべての選手たちが素晴らしかった」と健闘を称えつつ、次のように付け加えた。

「開幕前に、いろいろトライしてきたことがあるけれど、結果が出ないと、なかなか外に伝わらない。それが(開幕戦の勝利によって成果として)証明できた。攻守両面で、チームみんなの判断基準が揃ってきたと感じている」
 
 4-3-3システムを基調にした開幕スタメンの顔ぶれは、想定の範囲内だったかもしれない。ただ1点、センターフォワードタイプの知念が3トップの真ん中ではなく、左サイドに位置していたのは軽い驚きだった。試合の流れのなかで、真ん中の鈴木優磨と臨機応変にポジションを入れ替えながらプレーしていたものの、今回の起用法の着想について、こう指揮官が明かしている。

「新チームの立ち上げから知念の左サイドというアイデアはあった。川崎でもやっていたし、どこかのタイミングでプレーさせたいと考え、(開幕戦の1週間前から)準備していた。今のチーム状況を含め、同じようにやるよりも気分が変わるのではないかというところもあった」

 34分に追加点を奪っただけではなく、逆サイドの藤井からのクロスに入っていく狙いやターゲットマンとしての働き、守備面での献身など、“左サイドの知念”が果たした役割は非常に大きい。

 試合途中のシステム変更に伴い、2トップの一角に入ったりしたが、交代までの81分間、高い集中力と熱量を維持しながら、ひたむきに戦う姿は“鹿島イズム”の体現者に映った。

 開幕戦の勝利は同じく勝点3ながら、「34分の1以上の価値がある」と、岩政監督や選手たちは口をそろえ、白星スタートに自信を深めた。とはいえ、手放しで喜んでいるわけではない。次節は優勝候補のひとつに挙げられる難敵・川崎とのホームゲーム。新たに生まれ変わろうとする鹿島の今季を占ううえで、試金石というべき重要な一戦が早くも待っている。

取材・文●小室功(オフィス・プリマベーラ)

【動画】鹿島・知念慶が開幕戦で移籍後初ゴール! 鈴木優磨とのホットラインが開通

【PHOTO】アウェーの開幕戦勝利を応援で演出した鹿島サポーター

【厳選フォト】ピトゥカの先制弾と知念のダメ押し弾で、アウェー開幕白星発進!|J1第1節 京都0-2鹿島
 
【関連記事】
「J屈指のコンビになれる」鹿島・知念慶が開幕戦でいきなり移籍後初弾! 鈴木優磨とのホットライン開通にファン大興奮
「シュート上手すぎ!」「ナイスミートだ」開幕戦で先制は鹿島、ピトゥカが“技あり”のダイレクトボレー弾!
【財前宣之のJ1順位予想】鹿島も捨てがたいが…攻撃陣の層がリーグ屈指の横浜を推す。ユンカー加入の名古屋にも注目
【鹿島|ポジション別最新序列】開幕スタメン抜擢の可能性もある大卒ルーキーFW。中盤のポジション争いは激戦必至
Jリーガーが好きな女性タレントランキング!国民的女優がついに1位に輝く!人気爆発中の元選手権応援マネもトップ3に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ