• トップ
  • ニュース一覧
  • 「責任はロナウドをベンチに追いやった監督にある」元ポルトガル代表フィーゴが母国のW杯8強敗退を糾弾。一方で森保Jを賞賛「日本の戦いぶりは分析する必要がある」【インタビュー前編】

「責任はロナウドをベンチに追いやった監督にある」元ポルトガル代表フィーゴが母国のW杯8強敗退を糾弾。一方で森保Jを賞賛「日本の戦いぶりは分析する必要がある」【インタビュー前編】

カテゴリ:ワールド

リカルド・セティオン

2023年03月27日

クリスティアーノの扱いは世界的なスキャンダルだった

現役時代にW杯に2度(2002年、26年大会)、EUROに2度(1996、2000、04年大会)に出場したフィーゴ。(C)Getty Images

画像を見る

 元ポルトガル代表のルイス・フィーゴが、率直に語ってくれた。「カタール・ワールドカップで印象に残ったチームは日本だ」。勝利への執念が心に響いたと評価した一方、準々決勝で敗れた母国については、対照的に辛辣な言葉を並べている。【インタビュー前編】

―――◆―――◆―――

――アルゼンチンの優勝で幕を閉じたカタール・ワールドカップは、どんな大会だったと言えますか?

 歴史的な大会だったね。FIFAがカタールでワールドカップを開催したのは非常に勇気のある決断だった。時期や気候など多くの面で過去の大会とは違っていたから、選手たちは環境に慣れるのに少し時間がかかったと思う。

 グループリーグでアルゼンチンがサウジアラビアに負けている(1-2)し、序盤は「奇妙」な結果が続いたね。ただ、最後はアルゼンチン対フランスという極めてまっとうな組み合わせになって素晴らしい試合を見せてくれた。世界中のサッカーファンにとって、心に残る大会になっただろうね。
 
――あなたの母国、ポルトガル代表は準々決勝でモロッコに0-1で敗れました。それにしても、なぜクリスティアーノ・ロナウドは控えになってしまったのでしょう?

 クリスティアーノの扱いは世界的なスキャンダルだった。私はチーム内の人間ではないから、なぜそうなったのかは知らないよ。クリスティアーノがベンチなんて、自分の目で見なかったら信じなかっただろうね。

――ポルトガルはもっと勝ち上がっても不思議ではない実力を持っていたと思います。

(エウゼビオを擁して3位になった)1966年大会以降で一番強いチームだったと思うし、私が代表にいた頃よりも実力は上だった。やはりワールドカップで勝ちたいなら、クリスティアーノをベンチに置いてはいけなかったね。

 これは無責任で恥ずべき行為で、大きな間違いだった。クリスティアーノを外した結果、ポルトガルはワールドカップで優勝できないどころか、重要な試合で勝つことができなかった。はっきり言おう。今回の敗退の責任はクリスティアーノをベンチに追いやった人間、つまり監督にある。
 
【関連記事】
「WBCを観ましたか?」日本対ウルグアイ戦の会場でサッカーファン50人に訊いた。驚きの結果に…
「めちゃくちゃ上手い」代表デビューの中村敬斗が賞賛した森保ジャパン戦士は?「特別な選手じゃないですか」
「5、6年後には世界で4、5番目になるかも」C・ロナウドがサウジリーグのレベルに驚き!「プレミアとは明らかに違うが…」
「日本にはほとんど負けたことがない」中国代表レジェンドの“虚偽発言”が母国で炎上!「実情は6戦4敗だ」「大ホラ吹き」
「70億円は下らない」久保建英の活躍に、手放したマドリーの専門メディアがなぜ歓喜?「価格はさらに高くなる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ