• トップ
  • ニュース一覧
  • 「Jリーグのレベルには驚いた」元神戸ボージャンが日本サッカーをズバリ語る!ラ・リーガとの最大の差はイニエスタとビジャも挙げていた…

「Jリーグのレベルには驚いた」元神戸ボージャンが日本サッカーをズバリ語る!ラ・リーガとの最大の差はイニエスタとビジャも挙げていた…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月17日

「どれだけ走ってもまるで疲れることを知らない」

昨季まで神戸でプレーしたボージャン。現在は無所属だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨シーズンまでヴィッセル神戸に在籍したボージャン・クルキッチが、Jリーグの印象をズバリ語った。

 現在32歳の元スペイン代表FWは、バルセロナのユースで育ち、トップチームでもプレー。その後、ローマやミラン、アヤックスなど各国を渡り歩き、2021年夏にかつてバルサで共闘したアンドレス・イニエスタを擁する神戸に加入した。

 華麗なるキャリアを持つストライカーの活躍に期待が高まったが、度重なる怪我の影響により、思うようにピッチに立てず。神戸在籍1年半で公式戦26試合・1ゴールに留まり、昨シーズンいっぱいで日本を離れていた。

 いまだ新天地が決まらず、去就が注目を集めるなか、ボージャンはラ・リーガの日本語版公式ツイッターが2月17日に公開したインタビューで日本人選手に言及。自身が感じた特長をこう明かした。

「彼らは疲れない。どれだけ走ってもまるで疲れることを知らないんだ。非常に発達したフィジカルを誇り、ハードワークと規律の正しさも際立つ。もちろん、僕もハードワークと規律を怠ったりはしないが、Jリーグは強いフィジカルが求められると身をもって知ったよ。テクニックのレベルには驚かなかったね。でもクラブやJリーグ全体のレベルには驚いた」
【画像】七五三の女の子とのツーショットも!ボージャンが関西有数のパワースポット生田神社でオフを満喫
 また、母国のラ・リーガとJリーグを比較。最大の差には、以前イニエスタや、同じく元スペイン代表で、神戸OBのダビド・ビジャも口にしていた“パウサ”(スペイン語で休止、間)を挙げた。

「両リーグともに良い選手は揃っている。競争心も高く、テクニックも申し分ない。1番大きな差と言えば、スペインの選手は戦術が落とし込まれている点だ。日本はインテンシティが非常に高いリーグだと思う。ただ、スペインはプレーを急がないパウサがもっとある」

 ビジャは神戸在籍時、「環境に合わせるのも大切だが、日本へ来て、僕たちがもたらしたいと思ったものがある。その1つがパウサだ。もう少し落ち着いてボールを回したり、チームでボールを保持する時間を作ったりする点も大事なんだ。今、練習で意識して取り組んでいるよ」と語っていた。

 スペインのレジェンドが口を揃えるように、緩急の差がJリーグとラ・リーガの間で大きな違いを生んでいるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
【関連記事】
「まるで別世界にいるよう」神戸FWボージャンが母国紙に語った日本の印象。とくに感銘を受けたのは?「お気に入りになった」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
ダビド・ビジャが語る、日本サッカーの印象とイニエスタとの共演【独占インタビュー|後編】
「ピッチよりも医務室で過ごす」神戸退団のボージャンに海外注目!「アジアでの経験はひどい終わり」
「平和をもたらしてくれた」イニエスタ妻アンナさんが日本での“驚き”を告白「澄んだ空気と人々が移動するときの静けさ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ