• トップ
  • ニュース一覧
  • 「重大なエラーがあった」審判側がアーセナル&ブライトン戦での誤審を認める!共に1-1ドロー、日本代表所属クラブが“被害”

「重大なエラーがあった」審判側がアーセナル&ブライトン戦での誤審を認める!共に1-1ドロー、日本代表所属クラブが“被害”

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月13日

VAR運用ミスでアーセナルは“有効”、ブライトンは“無効”に

オフサイドを巡るジャッジで誤審があった。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの審判を担当するプロフェッショナル・ゲーム・マッチ・オフィシャルズ・リミテッド(PGMOL)が2月12日、声明を発表。第23節での2試合で誤審があったと伝えた。

「PGMOLは、チーフのハワード・ウェブがアーセナル、ブライトンと連絡を取り、土曜日に行なわれたプレミアリーグの試合におけるVARプロセスの重大なエラーを認め、説明しました。両事例は、オフサイドの状況分析に関する人為的なミスであり、PGMOLが徹底的に調査しています」

 首位を走るアーセナルはブレントフォードと対戦し、1-1のドローに終わった。ただ、アイバン・トニーに許した同点弾が疑惑の判定となり、ミケル・アルテタ監督は「見直したところだが、オフサイドだ」と訴えていた。

 英紙『Daily Mail』は、PGMOL代表のクリス・フォイ氏による次のようなコメントを伝えている。

「アイバン・トニーが頭で合わせたクロスを送ったクリスティアン・ノアゴーは、オフサイドポジションにいる。しかし、VARがラインを使って十分に調査しなかったというのが真実だ。ラインを単純に引いていなかったのだ。それはヒューマンエラーとしてカウントされる。もしラインを引いていたら、ゴールはオフサイドで無効になっていただろう」
【動画】前代未聞!審判が誤審と認めた場面をチェック
 一方、6位のブライトンもクリスタル・パレス相手に先制しながら追いつかれ、1-1の引き分けに。こちらはスコアレスで迎えた33分に、ペルビス・エストゥピニャンがループ気味の鮮やかなフィニッシュでネットを揺らすも、取り消しとなった場面が注目を集めていた。

 英衛星放送『Sky Sports』によれば、PGMOLは声明を出す前に、すでにブライトンに謝罪していたようだ。同クラブの広報は、こう語っている。

「PGMOLが示したように、ペルビス・エストゥピニャンのゴールは、重大なエラーによって無効とされた。VARルームでペルビスがオフサイドポジションにいたかどうかを判断するために引いた線が誤っており、ゴールは成立するはずだった。このミスには非常に失望したが、クラブはPGMOLの謝罪を受け入れ、これ以上コメントを出すつもりはない」

 アーセナルとブライトン――。それぞれ冨安健洋、三笘薫という日本代表を擁し、前者はリーグ優勝、後者はチャンピオンズリーグ出場権争いを繰り広げるなか、痛恨のジャッジとなってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】アーセナル戦での問題の場面を横からチェック

【PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!
【関連記事】
「オフサイドだ」「突然ルールを変えられたら…」痛恨ドローのアーセナル、アルテタ監督が同点弾の判定に怒り!元英代表も批判「VARが無能、ゾッとする」
「パス出さなすぎの自己中」「叩かれんの理不尽」ブライトンの左SB、三笘薫との連係を巡ってネット紛糾!“エストゥピニャン”がトレンド入りする事態に
「エゴイストニャン」三笘同僚が相次ぐ“ウィキ荒らし”の被害に…怒りの声が続出「まじでやめろよ」「恥ずかしい」
「鎌田大地はリバプールが狙うべき選手」地元メディアが“激推し”の理由は?「南野とは違い…」
「メッシに注意された」「二度とやらない」アルゼンチンGKが批判殺到の衝撃パフォを語る!以前の告白と“矛盾”も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ