• トップ
  • ニュース一覧
  • 【岩本輝雄】さすがの勝負強さでタイトルを手にしたマリノス。国立でカップを掲げる姿が、なんか似合うよね

【岩本輝雄】さすがの勝負強さでタイトルを手にしたマリノス。国立でカップを掲げる姿が、なんか似合うよね

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2023年02月12日

西村と水沼は少し窮屈だったか?

横浜が富士フイルム杯で甲府に2-1勝利。力強く勝ち切ったね。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今シーズンの幕開けを告げる富士フイルム・スーパーカップで、J1王者のマリノスと、天皇杯覇者のヴァンフォーレが激突。国立には5万人ものファン・サポーターが足を運んだ。声出し応援も解禁。良い雰囲気だったね。

 J2のヴァンフォーレが、J1チャンピオンに挑む。カテゴリーが異なるチーム同士の対戦だったけど、力の差はあまり感じなかった。結果的には、マリノスがエウベルと西村のゴールで2-1の勝利を収めた。でも、去年の天皇杯でJ1クラブに5連勝で頂点に立ったヴァンフォーレは、確かな自信がこの試合でも見られた。堂々とした戦いぶり。注目の新加入FWウタカはしっかりと1得点。今年のヴァンフォーレも期待できそうだね。

 一方のマリノスは、さすがの勝負強さでタイトルを勝ち取ってみせた。ただ、個人的には少し気になる点もあった。

 相手にスペースを消された時の攻撃が今ひとつだったこと。トップ下で西村、右サイドで水沼が先発したけど、とりわけこの2人は、どこか窮屈そうにプレーする場面が少なくなかったように見えた。

 もちろん、2人の実力に疑いの余地はない。決定的な仕事ができるし、実際、西村は勝利を決定づけるゴールを決めている。ただ、豊富な活動量で動き回って脅威を与えられるのも特長なだけに、そのスペースを上手く見つけられないと、やや手詰まりになってしまうように感じた。

 そうしたシチュエーションでは、たとえばマルコス・ジュニオールやヤン・マテウスのようなタイプのほうが効果的かもしれない。ダイナミズムより、より技術を駆使して局面を打開していくイメージだね。
 
 もっとも、それぞれの特長が際立つタレントが数多くいるのが横浜の強み。状況に応じて、どんな選手をチョイスするか。どんなセットを組ませるか。その選択肢が豊富なだけに、今シーズンも楽しみだね。

 そのマリノスが“国立”で優勝カップを手にした。スタンドではトリコロールが揺れる。なんだろう……この感じに懐かしさを覚えた。

 93年5月15日の記念すべきJリーグ開幕戦、マリノスがヴェルディに勝った時も、舞台は国立だった。Jリーグが始まる前の天皇杯でも、マリノスというか“日産”はよく元日決勝で国立のピッチに立って、優勝もしていた。お正月と言えば日産、みたいな。自分が10代の頃を思い出したよ。

 95年にマリノスがJリーグ初優勝を決めたチャンピオンシップも、もちろん会場は国立だ。2001年のルヴァンカップ優勝も、俊輔や中澤がいた頃の天皇杯優勝も、国立で歓喜にわいた。スタジアム全体の雰囲気も含めて、国立でカップを掲げる姿が、なんか似合うよね、マリノスって。試合後はそんな感慨に浸った一戦だった。

【著者プロフィール】
岩本輝雄(いわもと・てるお)/1972年5月2日、50歳。神奈川県横浜市出身。現役時代はフジタ/平塚、京都、川崎、V川崎、仙台、名古屋でプレー。仙台時代に決めた“40メートルFK弾”は今も語り草に。元日本代表10番。引退後は解説者や指導者として活躍。「フットボールトラベラー」の肩書で、欧州CLから地元の高校サッカーまで、ジャンル・カテゴリーを問わずフットボールを研究する日々を過ごす。

【PHOTO】横浜2-1甲府|西村が決勝弾!競り勝ったJ1王者横浜が「FUJIFILM SUPER CUP」を制する!

【PHOTO】横浜の出場15選手&監督の採点・寸評。西村の豊富な運動量は健在。オビは1失点も安定感あるパフォーマンス

【PHOTO】甲府の出場14選手&監督の採点・寸評。新加入ストライカー・ウタカらが最高点

【PHOTO】国立競技場に駆けつけた横浜F・マリノスサポーターを特集!
 
【関連記事】
【採点寸評|横浜】キレキレのドリブルで敵を翻弄したブラジリアンがMOM! 不慣れな右SB起用の上島は…[富士フイルム杯 横浜2-1甲府]
【採点寸評|甲府】J1王者相手に臆せず攻めるも…実力差を見せつけられ力負け[富士フイルム杯 横浜2-1甲府]
「ウタカの1ミリ!」甲府の新加入FWが同点弾! VARチェックの末に得点が認められ、槙野智章も大興奮
「バケモノですね」槙野智章が今シーズン“第1号弾”の横浜エウベルを大絶賛!「何がすごいかと言うと…」
「崩し完璧やん」「シュートの冷静さよ」今季のオープニング弾はエウベル! マリノス“らしさ全開”、華麗なパスワークからの先制弾にファン興奮!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ