• トップ
  • ニュース一覧
  • この先も“呪縛”は決して解けない…鎌田同僚の仏FW、W杯決勝での痛恨ミスを語る「喉に刺さっている。一生残るだろう」

この先も“呪縛”は決して解けない…鎌田同僚の仏FW、W杯決勝での痛恨ミスを語る「喉に刺さっている。一生残るだろう」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月05日

日本から急遽カタールへ。英雄になる大チャンス到来も…

カタールW杯決勝で勝敗を分けた1シーン。コロ・ミュアニ(左)のシュートは、E・マルティネス(右)の好守に阻まれる。(C)Getty Images

画像を見る

 フランス代表FWランダル・コロ・ミュアニが、カタール・ワールドカップ決勝での“呪縛”について語った。英紙『Mirror』が2月3日付けで伝えている。

 鎌田大地や長谷部誠と共にフランクフルトでプレーする24歳は、当初はW杯の登録メンバーから漏れ、同クラブが実施したジャパンツアーで来日するも、追加招集を受けて急遽カタールへ。モロッコとの準決勝で貴重な追加点を叩き込むと、史上3か国目の連覇を懸けたアルゼンチン戦でも途中出場を果たす。

 最大の見せ場は、3-3で突入した延長終了間際に訪れた。コロ・ミュアニは縦パスに抜け出し、GKエミリアーノ・マルティネスと1対1の決定機を迎えたのだ。しかし、ペナルティエリア内から放った渾身のシュートは、相手守護神のビッグセーブに阻まれ、モノにできず。その後、レ・ブルーはPK戦の末に涙をのんだだけに、あまりに悔やまれる結果となった。

 それから1か月半が経過したが、このシーンは今も脳裏に焼き付いているようだ。コロ・ミュアニは『beIN Sports』の取材に応じ、「いまだに(そのシーンを)見返すし、決して忘れていない」と明かした。
【動画】決めていれば歴史に残るゴールとなっていた…フランス代表FWが一生悔やむ痛恨の決定機逸
「頭の中で『ランダル、今すぐシュートしろ』という声がしたんだ。ニアポストに向かってシュートを打とうとしたけど、ゴールキーパーはとてもいいセーブをした。でも他にも選択肢はあったんだ。

 彼の頭上を越す方法もあったし、(左サイドでフリーになっていた)キリアン・エムバペを見つけることもできた。だけどあの瞬間、僕は彼を見てなかった。振り返ってみて初めて、他の選択肢を発見できたんだ。もう遅いんだけどね。まだ喉に刺さっているし、一生残るだろう」

 カタールではヒーローになり損ねたコロ・ミュアニだが、ドイツに戻ってからは4試合で4ゴール・1アシストと大活躍。悔しさを糧に、確かなパフォーマンスを披露している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】三笘の1ミリ、ブラボー、ボノ連続PKストップ…カタール・ワールドカップの名場面を厳選ショットで紹介!

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
「日本のスターは最高潮にある。毎週それを証明」決勝弾&鮮烈ドリブルの三笘薫を海外激賞!「信じられないほど速い」
「ユナイテッドに来てくれ!」「ようこそ」鎌田大地のSNSにマンUサポから“オファー”が殺到!しかしクラブが獲得したのは…
4秒で3度の決定機逸…“誰よりも三笘を知る”ブライトンFW、狂気の連続ミスに世界震撼「Excuse me??!!」「説明してくれ」
「ひどい出来」リバプールDFに次ぐ“被害者”が…三笘薫のドリブルに“ひざまずいた”ベテランSBに辛辣評価!「試練。我慢を強いられた」
「もっと簡単にゴールできていたはず」鄭大世が指摘した“三笘の3メートル”。プレミアで躍動のドリブラーにアドバイス

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ