【フットボール温故知新】第2回:レオナルド

カテゴリ:ワールド

けりだおれ太郎

2015年11月19日

ピッチの中でも外でも男前を貫いた貴公子

ファンタジー溢れる左足で観衆を魅了し、その人懐っこい人柄も愛されたレオナルド。左の写真はそんな“レオ様”のプロデビューまもない貴重なカット。 (C)Getty Images

画像を見る

 古きを温ねて、新しきを知る――。大阪弁を操る覆面ライターが、サッカー界を彩ったレジェンドの秘蔵フォトを紹介しながら、その人物像や逸話を好き勝手に語り尽くす不定期連載。第2弾の今回は、ブラジルが誇るエレガントな左利きの貴公子、レオナルドだ。
 
――◆――◆――

 この貴公子が現われるまで、僕の中で「レオナルド」といえば「レオナルド熊」以外の何ものでもなかったんやけど、94年のワールドカップで見初めた瞬間、名前の響きとそこから受ける印象が180度変わりましたわ。
 
 ブラジル伝統の攻撃的な左サイドバック。ジュニオール、ブランコ、ロベルト・カルロス、マルセロと名手は枚挙に暇がないけど、94年のレオ様の切れ味も相当なもんやった。
 
 まねき猫みたく手首を曲げて疾走し、独特のステップで敵DFを翻弄。元々は前めの選手なんであれっきりのコンバートやったけど、“世界デビュー”はホンマに鮮烈やった(エルボーでの一発退場を含めて)。
 
 ちなみに上写真の左は1988年、フラメンゴでプロデビューを飾ってまもない18歳の頃のカット。惚れ惚れする男前やねぇ。ジーコやベベットを擁する大スター軍団にまじって揉みに揉まれ、限られた出場機会の中で懸命のアピールをしたはった。
 
 でもって90年にサンパウロに移籍し、名将テレ・サンターナの薫陶を受けて一躍ブレイク。国立競技場でミランを下してトヨタカップを制したりと、スターダムを一気に駆け上がるんですなぁ。
 
 日本でもプレーしはったが、何よりもその人格者ぶりは有名やね。
 
 ずいぶんと親日家にならはったようで、ジーコ・ジャパンがヨーロッパ遠征した時なんて、ミランの強化スタッフとしてしょっちゅう来てくれてた。でもって記者陣に超が付くくらいフレンドリーに接してくれて、これがまた爽やかなんやねぇ。
 
 あんだけビッグネームで、あんだけ気さくでナイスガイって、そうそうおるもんやおまへんで!!
 
 とはいえ、ミランやパリSGのような魑魅魍魎(ちみもうりょう)がはびこるメガクラブで要職を歴任したんやから、実際のとこは図太い神経の持ち主やったんかもしれまへん。
 
 いまはフリーのよう。どこぞかのJ1クラブで監督やってくれまへんかね?

文:けりだおれ太郎

【著者プロフィール】
けりだおれ太郎/80年代フットボールの郷愁にかられつづける、謎の大阪弁ライター。『週刊サッカーダイジェスト』元編集長との噂も。44歳。

LEONARDO/本名はレオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ。1969年9月5日生まれ、ブラジル国籍。名門フラメンゴの英才教育を受け、17歳でプロデビュー。国内外の名門クラブを渡り歩き、鹿島でもプレーした。別れ際、涙ながらに日本語で発した「感動をありがとう」は記憶に残る名ゼリフだ。03年に現役を引退。ミランとインテルで監督を歴任し、11~13年まではパリSGでスポーツディレクターを務めた。W杯は94・98年大会に出場。ブラジル代表通算55試合出場・7得点。 (C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ