• トップ
  • ニュース一覧
  • 「万事休す…誰もがそう思った瞬間、タケが不屈の精神を発揮した」飛車角落ちのソシエダを牽引した久保建英に番記者が感服。トップ下起用は「信頼の表われ」【現地発】

「万事休す…誰もがそう思った瞬間、タケが不屈の精神を発揮した」飛車角落ちのソシエダを牽引した久保建英に番記者が感服。トップ下起用は「信頼の表われ」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2023年01月28日

「最も厳しい時間帯」と言っても過言ではなかった

古巣のバルサ戦で攻守に奮闘した久保。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・ソシエダのタケ・クボ(久保建英)のセールスポイントの一つが様々なポジション・役割をこなすことができるポリバレント性だ。もちろん選手である以上、得意なポジションがあるはずだが、明確に口にしたことはない。

 我々が行なったインタビューでは、「ポリバレントであること、ミステル(監督)がいろいろな場所で試してくれること、信頼してくれることが好きなんだ。4-4-2ではメディアプンタとして2トップの一角かインテリオール、4-3-3ではインテリオールかウイングでプレーできる。ミステルは対戦相手に応じていろいろなシステムを使いたいと考えていると思うので、それに対応できるようにしたい」と語っている。

 これまでのマッチレポートでも何度か触れてきたように、イマノル・アルグアシル監督はダビド・シルバ役としてダイヤモンド型の頂点でタケをプレーさせることを理想としている。大きな誤算は、開幕以来、前線に負傷者が続出していることで、その影響で2トップの一角で起用されることが増えている。
 

 そんな中、コパ・デル・レイ準々決勝のバルセロナ戦を翌日に控えた24日の練習でシルバがふくらはぎを負傷。アルグアシル監督が代わりに“10番”役に抜擢したのが、大事をとって先週末のラ・リーガ第18節のラージョ・バジェカーノ戦でメンバーから外れたタケだった。改めてアルグアシル監督の信頼の高さを示す人選だった。

 そのパフォーマンスに期待が集まったが、ソシエダは立ち上がりの30分、守勢を強いられた。バルサのパスワークに翻弄され、プレスがはまらず、2018年12月にアルグアシル監督が復帰して以来、「最も厳しい時間帯」と言っても過言ではなかった。

 その劣勢の中で、30分、相手選手の間をすり抜けたパブロ・マリンがお膳立てをすると、タケが左足を一閃。シュートは惜しくもクロスバーに嫌われたが、これがソシエダにとって前半唯一のチャンスだった。しかも38分、セルヒオ・ブスケッツの足を踏みつけたブライス・メンデスが、VARチェックを経て一発退場を命じられた。
 

【関連記事】
「クボを取り戻すためにいくら必要なのか?」久保建英、バルサ戦の躍動で古巣マドリー寄りメディアが復帰に言及!「彼の居場所がなかったとは考えにくい」
「バルセロナの守備陣には悪夢」古巣戦躍動の久保建英をバルサ贔屓紙も絶賛!「天才的」「日本人は並外れていた」
「世界で2番目になっちゃったけど、好きの大きさは変わってないよ」マドリーB中井卓大、姉に抱きつかれる“カップルのような”2ショットが反響!「むちゃ素敵です」
「白の水着はマドリディスタの証です」W杯で話題となった美女サポがビキニ姿を披露し大反響!「めっちゃ可愛らしくてセクシー」
「信じられない!ミスする方が難しい」完璧なお膳立てをした久保建英も悔しさ露わ…ソシエダFWの決定機逸を現地メディアが酷評!「空のゴールにシュートを外した」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ