• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本最高のテクニシャン!」「異次元だ」天才・小野伸二、元大宮の“コリアン・ガットゥーゾ”との10本勝負で披露した華麗な足技に韓国驚愕!「まだ現役なの?」

「日本最高のテクニシャン!」「異次元だ」天才・小野伸二、元大宮の“コリアン・ガットゥーゾ”との10本勝負で披露した華麗な足技に韓国驚愕!「まだ現役なの?」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2022年12月26日

「40代でこんな動きができるなんて尊敬しかない」

チョ・ウォニ氏(左)を華麗なテクニックで翻弄した小野(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本が誇るレジェンドのテクニックに韓国のファンも驚嘆している。

 北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が、元韓国代表MFで大宮アルディージャでもプレーしたチョ・ウォニ氏のYouTubeチャンネルに出演。そのコンテンツが12月25日に公開され、韓国で反響を呼んでいる。

「日本の天才MF小野伸二、歴代最高レベルのテクニック」と題した動画では、現在43歳の小野が攻撃側、すでに現役を退いている39歳のチョ・ウォニ氏が守備側となって1対1の10本勝負を実施。どれだけゴールを奪えるかで勝負を決める企画のようだ(GKあり)。

 小野はダブルタッチや小刻みな切り返しを駆使して、かつて“韓国のガットゥーゾ”と称されたダイナモを翻弄。1本目でいきなり、左足のシュートを流し込む。
 
 その後も鮮やかなシュートフェイントでチョ・ウォニ氏を転ばせるなど、さすがのテクニックを披露。ただ、ゴールはミドルシュートの1点しか奪えず、「少し遊びすぎたかな」と感想を語った。

 いまなお現役を続ける天才のテクニックに韓国のファンは驚愕。コメント欄には、次のような声が多数寄せられている。

「まさに異次元だ」
「凄まじいテクニック」
「43歳でまだ現役なの? 本当にすごいという言葉しか出てこない」
「40代でこんな動きができるなんて尊敬しかない」
「まだ現役でプレーしていることを知らなかった」
「2本目のシュートセンスはクレイジー」
「うわー、まさに日本のレジェンドですね」
「テクニックはこれまでの出演者の中で最高だ」
「本当にクレイジーだ。まだ現役なのに驚いた」
「前から上手かったけど、この年齢で衰えないテクニックとそれを支える体力がある自己管理はすごい」
「歴代最高レベルのテクニックだ」
「日本最高のテクニシャン!まだ現役なんてすごい!」
「かっこよすぎる」

 まだ現役でプレーしているという事実に驚いたファンも少なくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「歴代最高レベルのテクニック」「凄まじい!」と韓国のファンが驚愕!小野伸二vs元韓国代表MFの10本勝負
 
【関連記事】
「同じ16強でなぜ日本が9位、韓国が16位なのか」韓メディアの報道を母国ファンが非難!「日本の方がはるかに上」「実力の差を認めないと」【W杯】
「日本や韓国の影さえ見えない。差が大きすぎる」中国代表DFが日韓との格差に本音!「人々は認めたくないかもしれないが…」
「W杯で最も衝撃を受けた」元中国代表FWが森保ジャパンの躍進に驚嘆!「日本サッカーの進歩には圧倒される」
「彼らはW杯に酔いしれていない」発表された“2023年日本代表スケジュール”の壮大さに韓国メディアが感服!「アンダー世代まで…」
「目標は何だったの? 結果は出ていない」城彰二が森保監督の続投に異論!「はぐらかされるのはすごく嫌だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ