【ブンデス現地コラム】見事なV字回復を遂げたボルシアMG

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2015年10月28日

シュティンドルをトップ下で起用。ゴールへの積極性が蘇る。

6節のアウクスブルク戦から無傷の5連勝。チームを瞬く間に立て直したのがシューベルト暫定監督だ。(C)Getty Images

画像を見る

 昨シーズンのブンデスリーガで3位に入り、37年ぶりにCL本戦の出場権を獲得したボルシアMG。2011年2月に就任した智将ルシアン・ファブレの下、ベテランと若手がほどよくミックスされたバランスの良いチーム作りを進め、今シーズンはさらなる飛躍の予感を漂わせていた。
 
 ところが――。開幕戦でドルトムントに0-4と成す術なく敗れると、その後は4連敗。ファブレは様々な対策を講じてチームを立て直そうとしたが、浮上のきっかけを掴めないままケルンとの5節終了後に辞任を申し出た。
 
 ファンの脳裏には、開幕から低迷した昨シーズンのドルトムントの姿が過ったことだろう。このまま残留争いに巻き込まれるのではないか――。そんな懸念を抱いた者も少なくなかったはずだ。
 
 なにひとつ光明を見出せなかったチームを瞬く間にV字回復させたのが、9月21日に就任したアンドレ・シューベルト暫定監督である。
 
 前任者のファブレと大きく異なるのは、今夏にハノーファーから獲得したMFラース・シュティンドルの起用法だ。ファブレ体制ではセントラルMFでプレーしていたこの27歳を、シューベルトはトップ下に抜擢。持ち味であるゴールへの積極性を取り戻し、鋭い飛び出しで攻撃にアクセントをもたらした。
 

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ